このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 福祉・健康 の中の 障害福祉 の中の お知らせ の中の 鳥取県と『あいサポート運動』の協定を締結 のページです。
本文ここから

鳥取県と『あいサポート運動』の協定を締結

更新:2018年7月4日

2018年7月3日(火曜日)、市民交流センターにおいて「あいサポート運動」の推進に関する締結式が開催されました。

あいサポート運動協定締結式

左から小谷野剛市長、野川聡鳥取県副知事

当日は、野川鳥取県副知事、小谷野市長による協定書の締結式の外、「あいサポート研修」、障害者支援施設利用者「寶樹太鼓(ほうじゅだいこ)」による太鼓の演奏や「鳥取県でのあいサポート運動の取り組み」というテーマで、野川鳥取県副知事の講話が行われました。

協定内容

 狭山市及び鳥取県において、障害の有無にかかわらず、この地域に暮らす住民がお互いに支え合い、尊重し合いながら、共に生きる社会(共生社会)を築くことが重要である。
 また、障害のある人が障害のない人と同じように社会参加できることが重要である。
 このためには、住民の理解、共感及び協力が不可欠であり、行政が広く啓発していくことが求められている。
 このような認識のもと、狭山市及び鳥取県は、障害の有無にかかわらず、すべての人が住みやすい社会の実現を目指すため、次のことについて合意する。

(合意事項)
 狭山市及び鳥取県は、連携して「あいサポート運動」(住民が、多様な障害の特性の理解に努め、障害のある人に温かく接するとともに、障害のある人が困っているときに「ちょっとした手助け」を行う運動をいう。)を推進していくこととする。

  • あいサポーター研修

  • (福)茶の花福祉会 大樹の家・大樹の里(障害者支援施設)の利用者による太鼓の演奏

あいサポート運動とは

「あいサポート運動」とは、平成21年11月に鳥取県で開始された取り組みです。誰もが、様々な障害の特性、障害のある方が困っていることや、障害のある方への必要な配慮などを理解して、障害のある方に対して「ちょっとした手助け」や「配慮」などを実践し、障害のある方が暮らしやすい地域社会(共生社会)を実現することを目的としています。
市としては、皆さんと一緒に「あいサポート運動」を通して、ともに支え合い、だれもがいきいき安心して暮らせるまち・さやまをつくっていきたいと考えています。

関連情報

問い合わせ

福祉こども部 障害者福祉課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。