このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 福祉・健康 の中の 福祉・健康のトピックス の中の 「がん治療と仕事の両立支援のポイント」(冊子)のご案内 のページです。
本文ここから

「がん治療と仕事の両立支援のポイント」(冊子)のご案内

更新:2015年4月27日

がん患者の3人に1人は、20歳から64歳の働く世代です。厚生労働省が2013年(平成25年)の国民生活基礎調査から推計した数字では、働きながらがんの治療を続けているがん患者は、32万5000人にのぼります。
また、近年のがん医療技術の進展に伴い、がん罹患(りかん)後の生存年数が伸び、手術後も比較的早く退院し、通院しながら治療する方が増えています。

埼玉県が作成した「がん治療と仕事の両立支援のポイント」の中には、事業者向けのがんの基礎知識や復職する際の留意点等のほか、就労に関する埼玉県内の相談支援窓口や当事者や事業者が活用できる資料集が掲載されています。ぜひ、ご活用ください。

関連情報

埼玉県ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県疾病対策課

「がん治療と仕事の両立支援のポイント」の冊子がご覧いただけます。

問い合わせ

長寿健康部 保健センター 組織詳細へ
狭山市狭山台3丁目24番地
電話:04-2959-5811
FAX:04-2959-3074

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。