このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 狭山市議会 の中の 定例会・臨時会 の中の 平成26年第2回定例会【一般質問】 の中の 矢馳一郎議員の一般質問【平成26年第2回定例会】 のページです。
本文ここから

矢馳一郎議員の一般質問【平成26年第2回定例会】

更新:2014年7月10日

防災活動から地域コミュニティを活性化する

◆世界に誇れる地域防災活動を目指して
Q自主防災組織の活動をレベルアップするため、アドバイザーの派遣や組織の連絡協議会などが必要であると考えるが市の見解は。
A防災アドバイザーは、自主防災組織の活性化に大変有効と考えている。また、連絡協議会は、自主防災組織間の連携強化のためにも、必要と考えている。

Q防災訓練への地域防災活動の担い手として、中学生や実際に避難支援される要援護者の参加の必要性に関する見解は。
A地域の避難訓練への、要援護者本人や家族の参加が大切と考えている。また、中学生は、貴重な戦力として期待している。

Q防災訓練にバケツリレーなどを行なう「防災運動会」や災害対応について考えながら学ぶ「クロスロードゲーム」を導入することに関する見解は。
A地域住民の防災意識の向上や災害に対応できる人材の育成、さらには地域コミュニティの活性化に大変有効な手段と考えており、地域の要請で対応したい。

Q地域防災活動を目的としたNPOなどの市民団体育成の必要性に関する見解は。
A自主防災組織の連絡協議会の設置を計画し、横断的に全体の中核的役割を果たすことを目的としたNPO法人が市内に設立された。今後、同NPO法人を支援するとともに、防災活動の啓発などを目的としたNPOの育成に努め、連携したい。

◆発想を変えて団地に人を呼び込もう
QTVアニメや住宅リノベーションの流行などの影響で「マニア」や「女性」にいわゆる「団地」がブームになりつつあるが、市内の団地を市のセールスポイントとして活用しては。
AUR都市機構では、間取りの改善やリデザインで、若年層、子育て層の需要を起こす取り組みなどを行っている。民間の案件だが、人口増加や活性化に寄与する取り組みでもあり、効果的なリノベーションを働きかけたい。

ご注意ください

ここに掲載している内容は、狭山市議会の公式記録ではありません。
ここでお知らせする内容は、一般質問の質問と答弁の中から、議員が掲載を希望するものを要約したものです。あらかじめご了承ください。
なお、詳しい内容をお知りになりたい方は、会議録をご覧ください。会議録は、平成26年9月初旬から市役所行政資料室、図書館、狭山市議会ホームページでご覧いただけます。

問い合わせ

議会事務局 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2955-2396

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
 
ページTOPへ
 
以下フッターです。