このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 事業者の方へ の中の 企業誘致 の中の 狭山市の魅力1 多様な工業群が集積しています! のページです。
本文ここから

狭山市の魅力1 多様な工業群が集積しています!

更新:2018年2月27日

製造品出荷額等が埼玉県内で常に上位となっている狭山市について、大変優れている技術を持つ世界のトップ企業が多く立地するポテンシャルの高い産業集積をご紹介します。

多様な優れた全国・世界のトップ企業が集積

狭山市内には4,871の事業所があり、約7万4千人が従事しています。このうち製造業は443の事業所があり、約2万6千人が従事しており、市内の産業別従業者数の約35%を占めています。
狭山市には、技術、技能、経営力で大変優れた多くの企業が集積しています。
※データは、平成26年経済センサス基礎調査

製造品出荷額は埼玉県内で常に上位

狭山市は、昭和29(1954)年の市制施行後、工場誘致条例を制定し積極的に企業誘致を行ってきました。その結果、市内各地に大型工場が進出し、昭和41(1966)年に川越狭山工業団地が完成、続いて昭和48(1973)年には狭山工業団地が完成し、2つの工業団地を有することになりました。そして、製造品出荷額等(注1)が昭和57(1982)年に埼玉県下第1位になって以来、現在まで常に上位を維持しています。
注1:製造品出荷額等とは、1年間における製造品出荷額、製造工程から出たくず及び廃物の出荷額、加工賃収入額及びその他収入額(修理料収入等)の合計のこと。

昭和40年226億円、昭和50年2085億円、昭和60年10077億円、平成10年12226億円、平成15年12785億円、平成19年15040億円、平成20年14868億円、平成21年10748億円、平成22年12006億円、平成23年9260億円、平成24年10739億円、平成25年8663億円、平成26年9343億円、平成27年8303億円製造品出荷額等の推移

埼玉県内市町村製造品出荷額等ベスト10
順位
平成26年
自治体名
製造品出荷額等
(万円)
平成27年
自治体名

製造品出荷額等
(万円)

1位 川越市 97,417,656 川越市
109,753,688
2位 狭山市 93,434,443

さいたま市

87,936,729
3位 熊谷市 81,226,141 熊谷市 86,456,997
4位 さいたま市 75,589,406 狭山市

83,032,078

5位 川口市 46,756,629 久喜市 54,330,165
6位 深谷市 45,417,312 川口市 48,772,578
7位 上尾市 41,679,529 草加市 43,914,537
8位 草加市 40,857,266 入間市 41,934,476
9位 久喜市 39,910,061 深谷市 40,235,153
10位 入間市 38,807,452

本庄市

39,316,290

大企業の工場を核とした産業集積

狭山市の産業分類別の製造品出荷額等では、金属加工型産業が圧倒的なシェアを占めています。中でも輸送機械に狭山市は特化しており、製造品出荷額等に占める輸送機械の割合は7割を越えています。川越狭山工業団地に立地する本田技研工業株式会社埼玉製作所狭山工場を核として、このホンダ狭山工場を支える技術力の高い会社群が市内の近接地域に立地し、ひとつの産業集積を形成しています。もちろん大企業だけではなく、中小・零細規模の企業でも全国的、世界的にトップレベルの企業が多く立地しており、こうした地域資源は、皆様が企業活動を行っていく上で貴重な戦力となることでしょう。

問い合わせ

環境経済部 産業振興課 組織詳細へ
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。