このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 子育て・教育 の中の 乳幼児の子育て の中の 幼稚園 の中の 平成29年度狭山市私立幼稚園等就園奨励費補助金 のページです。
本文ここから

平成29年度狭山市私立幼稚園等就園奨励費補助金

更新:2017年9月12日

狭山市では、国の補助を一部受け、私立幼稚園等に就園する園児の保護者の経済的負担を軽減するため、補助金を支給します。

対象者

1.狭山市に住所があり、私立幼稚園に就園している園児(満3歳から小学校就学前までのお子さん)の保護者で、次の(1)または(2)に該当する方

(1)平成29年度の市町村民税の所得割課税額が、以下の<世帯区分基準額表>に該当する世帯の方

(2)園児が私立幼稚園に3か月以上就園するとともに、園児と保護者の住所が狭山市に3か月以上ある方(補助金限度額が18,000円の区分に該当する世帯の方のみ)

  • 世帯構成員中2人以上に所得がある場合は、所得割課税額を合算します。
  • 上記の所得割課税額は、「住宅ローン控除※」の適用を受けている場合には所得割課税額にこの控除額を加えた額となります。(※「住宅ローン控除」とは、租税特別措置法による住宅借入金等特別税額控除をいいます)
  • 平成29年度市民税の未申告等により税額が確認できない世帯は、補助金が交付されないことがあります。(収入がない時も申告が必要です)

2.幼稚園類似施設※に3か月以上就園している園児(満3歳児から小学校就学前までのお子さん)であるとともに、園児と保護者の住所が狭山市に3か月以上ある方

※幼稚園類似施設とは、幼稚園に準じた教育を行う施設であって、市長が認めたものをいいます

東日本大震災等で被災して、狭山市に避難された方の手続きは、保育幼稚園課までお問い合わせください。

補助金額

補助金額は世帯状況により異なります。金額は一人あたりの年額です。
※1 世帯内の19歳未満の扶養親族の人数によって、基準額が変動する方式となっています
(平成28年12月31日現在の扶養人数及び年齢になります。)
※2 基準額は市区町村民税所得割課税額です
※3 平成28年度から、低所得世帯における多子カウントの年齢制限撤廃、及びひとり親世帯等の補助限度額の見直しが行われました

<世帯区分基準額表>

19歳未満の扶養親族の数
(1997年1月2日以降生まれ)

うち16歳未満
(2000年1月2日以降生まれ)

減免する世帯の区分
または基準額※2

生活保護世帯 A
非課税世帯または所得割非課税世帯
1人 1人 55,800円以下

1人

1人

55,801円以上 191,400円以下

(1)

1人

1人

191,401円以上
2人 1人 66,900円以下

2人

1人

66,901円以上 198,600円以下

(2)

2人

1人

198,601円以上

2人

2人 77,100円以下

2人

2人

77,101円以上 211,200円以下

(3)

2人

2人

211,201円以上
3人 1人 78,000円以下

3人

1人

78,001円以上 205,800円以下

(4)

3人

1人

205,801円以上

3人

2人 88,200円以下

3人

2人

88,201円以上 218,400円以下

(5)

3人

2人

218,401円以上

3人

3人 98,400円以下

3人

3人

98,401円以上 231,000円以下

(6)

3人

3人

231,001円以上
4人 1人 89,100円以下

4人

1人

89,101円以上 213,000円以下

(7)

4人

1人

213,001円以上

4人

2人 99,300円以下

4人

2人

99,301円以上 225,600円以下

(8)

4人

2人

225,601円以上

4人

3人 109,500円以下

4人

3人

109,501円以上 238,200円以下

(9)

4人

3人

238,201円以上

4人

4人 119,700円以下

4人

4人

119,701円以上 250,800円以下

(10)

4人

4人

250,801円以上

補助金額の確認

  • <世帯区分基準額表>のAまたはア~コに該当する世帯で、以下の条件のどれか1つに当てはまる場合は【表3】をご確認ください。

・ひとり親世帯(原則、児童扶養手当等対象世帯)
⇒母子及び父子並びに寡婦福祉法(施行令含む)による配偶者のない方で、現に児童を扶養している保護者
・在宅障害児(者)がいる世帯
⇒身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けた方
⇒特別児童扶養手当の支給対象児童
⇒国民年金の障害基礎年金受給者
・生活保護法第6条第2項に規定する要保護者のいる世帯

  • <世帯区分基準額表>のAまたはア~コに該当する世帯で、上記に当てはまらない場合は、【表1】をご確認ください。
  • <世帯区分基準額表>の(1)~(10)に該当する場合は、【表2】をご確認ください。

【表1】多子カウントの年齢制限なし

基準額区分

減免する世帯の区分または基準額

補助限度額(年額)

兄・姉がいない園児

(第1子)
生計を共にする兄・姉が1人いる園児
(第2子)
生計を共にする兄・姉が2人以上いる園児
(第3子以降)

A

生活保護世帯 308,000円 308,000円 308,000円

A

非課税世帯または所得割非課税世帯

272,000円 308,000円 308,000円
55,800円以下 139,200円
66,900円以下 139,200円
77,100円以下 139,200円 223,000円
78,000円以下 139,200円
88,200円以下 139,200円 223,000円
98,400円以下 139,200円 223,000円 308,000円
89,100円以下 139,200円
99,300円以下 139,200円 223,000円
109,500円以下 139,200円 223,000円 308,000円
119,700円以下 139,200円 223,000円 308,000円

【表2】多子カウントは小学校3年生まで

基準額区分

減免する世帯の区分または基準額

補助限度額(年額)

小学校3年生以下の就園、就学している兄・姉がいない園児
(第1子)

小学校3年生以下の就園、就学している兄・姉が1人いる園児
(第2子)

小学校3年生以下の就園、就学している兄・姉が2人以上いる園児

(第3子以降)
(1) 191,400円以下 62,200円

(1)

191,401円以上 18,000円

(2)

198,600円以下 62,200円

(2)

198,601円以上 18,000円

(3)

211,200円以下 62,200円 185,000円

(3)

211,201円以上 18,000円 154,000円

(4)

205,800円以下 62,200円

(4)

205,801円以上 18,000円

(5)

218,400円以下 62,200円 185,000円

(5)

218,401円以上 18,000円 154,000円

(6)

231,000円以下 62,200円 185,000円 308,000円

(6)

231,001円以上 18,000円 154,000円 308,000円

(7)

213,000円以下 62,200円

(7)

213,001円以上 18,000円

(8)

225,600円以下 62,200円 185,000円

(8)

225,601円以上 18,000円 154,000円

(9)

238,200円以下 62,200円 185,000円 308,000円

(9)

238,201円以上 18,000円 154,000円 308,000円

(10)

250,800円以下 62,200円 185,000円 308,000円

(10)

250,801円以上 18,000円 154,000円 308,000円

【表3】ひとり親世帯等特例

基準額区分

基準額区分
減免する世帯の区分または基準額

補助限度額(年額)

兄・姉がいない園児
(第1子)

生計を共にする兄・姉が1人いる園児
(第2子)
生計を共にする兄・姉が2人以上いる園児
(第3子以降)
A 生活保護世帯 308,000円 308,000円 308,000円
A 非課税世帯または所得割非課税世帯 308,000円 308,000円 308,000円
55,800円以下 272,000円
66,900円以下 272,000円
77,100円以下 272,000円 308,000円
78,000円以下 272,000円
88,200円以下 272,000円 308,000円
98,400円以下 272,000円 308,000円 308,000円
89,100円以下 272,000円
99,300円以下 272,000円 308,000円
109,500円以下 272,000円 308,000円 308,000円
119,700円以下 272,000円 308,000円 308,000円
  • 年度途中に入退園等された場合は、保育料等の支払月数に応じて減額になります。
  • 実際の支払額が限度額を下回る場合には、当該支払額を補助の限度とします。

申請手続き

申請書の配布

お子さんが就園する幼稚園等を通じて配布しています。(おおむね、6月下旬ごろ)

申請先

お子さんが就園する幼稚園等

申請書類

  • 狭山市私立幼稚園等就園奨励費補助金交付申請書(園児1人につき一枚)
  • ただし、世帯に、平成29年1月2日以降に狭山市に転入された方、または、単身赴任等で狭山市以外に住所がある方がいる場合には、次の書類のうちいずれか一つを添付してください。

★平成29年度市町村民税課税(非課税)証明書
※証明書は、省略のないもの
※住宅ローン控除の適用を受けている場合は、その額の記載のあるもの
※市区町村によっては、「所得証明書」という名称である場合があります
★平成29年度市町村民税特別徴収税額の決定通知書のコピー
★平成29年度市町村民税納税通知書のコピー(表紙・明細のすべてのコピー)
※書類は、平成29年1月1日現在に住んでいた市区町村が発行します
※住宅ローン控除の適用を受けている場合で、上記書類にその記載がない場合は、同控除の申告書の控えのコピーも添付してください

  • 園児を、里親や児童養護施設が養育している場合は、委託または入所についての児童相談所長の証明書と、保育料等の負担を明らかにする里親等の証明書類を添付してください。
  • 国外に住んでいたなどで平成29年度市民税の課税がない方は、平成28年1月から12月までの収入が確認できる書類と、所得控除の対象(社会保険料等)となる書類のコピーを提出してください。市民税額を概算の上、判定します。
  • 世帯は、園児と同一世帯に属し、生計を共にする者※で、その所得割課税額を合算します。

※父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)
※単身赴任等で同居していない場合も含まれます

  • ひとり親世帯等に該当する場合は、当該世帯を証明する書類が必要となります。

例)在宅障害児(者)の障害者手帳等のコピーなど
※詳しくは保育幼稚園課までお問い合わせください

  • 課税証明書等の書類は、個人情報保護のため、封筒等に入れて提出ができます。

申請の締め切り日

各幼稚園等で締め切り日を設けています。(例年おおむね、7月上旬~中旬)
※途中入園、転入等の場合は、年度内で随時受け付けます。

申請にあたっての注意点等

  • 未申告等により市民税額が確認できない場合、補助金が交付されないことがあります。
  • 締め切り後の申請(転入等で当初に申請ができなかった場合)は、年度内は随時受け付けします。
  • 申請後に住所を市外に異動される方は、速やかに幼稚園等にご連絡ください。

補助金の支給時期

  • 補助金の支給時期は、平成30年1月下旬を予定しています。

(申請の結果(補助金額)等につきましては、就園先の幼稚園等を通じてお知らせします。幼稚園等を退園されている場合は、保護者へ直接通知します。)

  • 補助金は、申請書にご記入いただいた金融機関の口座に直接振り込みます。

よくある質問

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

福祉こども部 保育幼稚園課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。