このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 子育て・教育 の中の 乳幼児の子育て の中の 幼稚園 の中の 平成29年度狭山市立幼稚園授業料減免制度をご活用ください のページです。
本文ここから

平成29年度狭山市立幼稚園授業料減免制度をご活用ください

更新:2017年9月5日

狭山市では、幼稚園教育の振興と、幼稚園に就園する園児の保護者が支払う授業料の負担軽減のため、下記の要領により授業料の減免(還付)事業を行っています。

対象者

◇狭山市に在住し、狭山市立幼稚園に就園している4歳児・5歳児の保護者で、平成29年度の市区町村民税の所得割課税額が、20,000円以下の世帯の方。
※みなし寡婦(夫)控除を希望する方は、別途申請が必要になります。

◇上記のほか、対象園児に小学校3年生までの就園・就学している兄または姉がいる場合は、所得割課税額が20,000円を超えても減免の対象になります。

  • 世帯構成員中2人以上に所得がある場合は、所得割課税額を合算します。
  • 平成29年度市民税の未申告等により税額が確認できない世帯については、補助金が交付されないことがあります。
  • 所得割課税額は、租税特別措置法による住宅借入金等特別税額控除の適用前の額となります。

補助金額

補助金額は世帯状況により異なります。金額は一人あたりの年額です。
◇市民税所得割額非課税世帯⇒表1<多子カウントの年齢制限なし>
◇市民税所得割額課税世帯⇒表2<多子カウントは小学校3年生まで>

[表1]市民税所得割額非課税世帯<多子カウントの年齢制限なし>

区分

生計を共にする兄・姉がいない園児(第1子)

生計を共にする
兄・姉が1人いる園児(第2子)

生計を共にする
兄・姉が2人以上いる園児(第3子以降)

生活保護の規定による保護を受けている世帯

79,000円

79,000円

79,000円

当該年度に納付すべき市区町村民税が非課税となる世帯

※ひとり親世帯等

79,000円

79,000円

79,000円

ひとり親世帯等以外

43,000円

61,000円

79,000円

当該年度に納付すべき市区町村民税の所得割課税額が非課税となる世帯

※ひとり親世帯等

79,000円

79,000円

79,000円

ひとり親世帯等以外

43,000円

61,000円

79,000円

[表2]市民税所得割額課税世帯<多子カウントは小学校3年生まで>

区分

小学校3年生以下の就園・就学している兄・姉がいない園児(第1子)

小学校3年生以下の就園・就学している兄・姉が1人いる園児(第2子)

小学校3年生以下の就園・就学している兄・姉が2人以上いる園児(第3子以降)

当該年度に納付すべき市区町村民税の所得割課税額が10,000円以下の世帯

13,333円

40,000円

79,000円

当該年度に納付すべき市区町村民税の所得割課税額が20,000円以下の世帯

5,000円

40,000円

79,000円

当該年度に納付すべき市区町村民税の所得割課税額が20,001円以上の世帯

40,000円

79,000円

備考
1.世帯構成員中2人以上に所得がある場合は、所得割課税額を合算します。
2.年度途中に転出し、または転入した場合は、授業料の支払い月数に応じ、月割りで算出します。
3.実際の支払額が補助金額を下回る場合は、当該支払額を限度とします。
4.表中の※ひとり親世帯等とは次に該当する世帯です。
・ひとり親世帯(原則、児童扶養手当受給世帯)
・在宅障害児(者)のいる世帯
・生活保護法第6条第2項に規定する要保護者のいる世帯
・その他市長が要保護者に準ずる程度に困窮していると認めた世帯

申請手続き

申請書(調書)の配布方法

お子さんが就園する幼稚園を通じて配布します。(おおむね、10月上旬)

申請先

お子さんが就園する幼稚園

申請書類

○授業料等減免措置に関する調書(園児1人につき一枚)

  • ただし、世帯に、平成29年1月2日以降に狭山市に転入された方、または、単身赴任等により他市に住所がある方がいる場合には、次の書類のうちいずれか一つを添付してください。

平成29年度の市区町村民税課税額等を証明する書類は、平成29年1月1日現在に住んでいた市区町村が発行した次の書類のいずれか一つ。
★平成29年度市区町村民税課税(非課税)証明書
※証明書は、省略のないもの
※住宅ローン控除の適用を受けている場合は、その額の記載のあるもの
※市区町村によっては、「所得証明書」という名称である場合があります
★平成29年度市区町村民税特別徴収税額の決定通知書のコピー
★平成29年度市区町村民税納税通知書のコピー(表紙・明細のすべてのコピー)
※書類は、平成29年1月1日現在に住んでいた市区町村が発行します
※住民税の住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の適用を受けている場合は、同控除の申告書の控えのコピーもあわせて添付してください

  • ひとり親世帯等に該当する場合は、障害者手帳等のコピーなど、証明書類をご提出いただく場合があります。

申請の締め切り日

各幼稚園で締め切り日を設けていますので、指定された締め切り日までに申請をしてください。

補助金の支給は口座振り込み

補助金は、平成30年1月ごろに、幼稚園授業料の振替口座に振り込む予定です。

注意事項

●未申告等により市民税額が確認できない場合、補助金が交付されないことがあります。
●国外に住んでいた等で平成29年度市民税の課税がない方は、平成28年1月から12月までの収入が確認できる書類と、所得控除の対象(社会保険料等)となる書類のコピーを提出していただき、市民税額を概算の上、判定します。
●世帯は、園児と同一世帯に属し、生計を共にする者※で、その所得割課税額を合算します。
※父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)
注・単身赴任の場合も含まれます。
●締め切り後の申請
転入等で、当初の期間内に申請ができない場合は、年度内であれば、随時受け付けします。なお、交付時期が遅れることがありますのでご了承ください。

問い合わせ

学校教育部 学務課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2953-1132

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。