このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 安全・安心 の中の 防災 の中の 災害時要援護者避難支援事業 のページです。
本文ここから

災害時要援護者避難支援事業

更新:2017年4月1日

【地域の支え合いで災害から身を守りましょう
災害が起きたとき、高齢や障害があるなどの理由で自力での避難や情報収集が難しい方(災害時要援護者)を守るために、地域での助け合いが必要となります。

支援対象の方

自宅で生活し、以下に該当する方
1. 75歳以上の高齢者のみの世帯の方
2. 介護保険法による要介護状態区分・要介護1以上の方
3. 身体障害者手帳の交付を受けている方
4. 療育手帳(みどりの手帳)の交付を受けている方
5. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
6. 市や地域支援者等が認める自力で避難することが困難な方
7. その他、難病患者、妊産婦、乳幼児、日本語に不慣れな外国人、避難行動に不安があるなどで自ら名簿への登載を希望する方

「狭山市災害時要援護者名簿(同意者名簿)」への登載の同意をお願いします

「狭山市災害時要援護者名簿(同意者名簿)」とは、地域の助けを必要とする方の情報を事前に登録し、自治会や民生委員・児童委員など地域の皆さん(地域支援者)と市で情報を共有し、日ごろの見守り活動や災害時に必要な支援を行えるようにするものです。
災害時に地域からの支援を希望する方は、個人情報(住所、氏名、連絡先、名簿登載事由など)を地域支援者へ提供することに同意する必要があります。
※支援する方が必ず助けてくれるとは限りませんので、できる限り自分の身を守るよう心がけてください

【災害時要援護者名簿(同意者名簿)を提供する地域の支援者】

・お住まいの区域の自治会(市と名簿の管理に関して協定を締結している自治会)
・お住まいの区域の担当民生委員・児童委員
・お住まいの区域の地域包括センター(予定)
・埼玉西部消防組合狭山消防署(予定)
・狭山市社会福祉協議会(予定)
・お住まいの区域の消防団
・狭山警察署

災害時要援護者に該当する方に名簿登載への同意確認書類を郵送しました

上記1~5に該当する対象者に意向確認を実施します
発送日 平成28年12月7日(水曜日)
対象者基準日 2016年(平成28年)11月16日(平成26年8月に送付した方は除く)

「災害時要援護者名簿(同意者名簿)」への登載手続き

封入されている「狭山市災害時要援護者名簿(同意者名簿)登載同意確認書」に必要事項を記入のうえ、同封の返信用封筒にて2016年(平成28年)12月26日(月曜日)までに返信、または関係する課の窓口にご提出ください。
※同意・不同意のいずれの場合も、返信または関係する課の窓口へ提出してください
※返信期限後も受け付けておりますが、その場合は翌年度以降の名簿に登載されることとなりますので、ご了承ください
※上記6・7に該当する方は、市からの郵送は行いませんので、上記からダウンロードまたは関係する課の窓口にありますので、同様に提出してください

【関係する課】

危機管理課(内線3694・3695)
長寿安心課(内線1551)
障害者福祉課(内線1592)
福祉政策課(内線1010)
協働自治推進課(内線2512)
各地区センター(入間川・入曽・狭山台・堀兼・新狭山・奥富・柏原・水富)

地域支援者へのお願い

災害時は自分や家族の身を守ることが先決となります。可能な範囲での支援をお願いするもので、責任や義務をともなうものではありません。
普段からお互いに助け合う地域づくりにご理解とご協力をお願いします。

「個別避難支援計画書」の作成

「個別避難支援計画書」とは、災害が起こったときや災害のおそれがあるときに、「災害時要援護者名簿(同意者名簿)」の登載に同意された方への支援を適切かつスムーズに行えるように作成するものです。
個別避難支援計画書は支援を必要とする方が作成することを基本としますが、本人による作成が難しい場合は、家族や地域支援者が中心となって作成をお願いします。

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

市民部 危機管理課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。