このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の ごみ・環境 の中の 環境 の中の 住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等に関するお知らせ のページです。
本文ここから

住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等に関するお知らせ

更新:2019年2月4日

太陽光発電システムからの火災事故等が報道に取り上げられています

2019年1月28日、消費者庁のウェブサイト上で消費者安全調査委員会調査報告書『住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等』が公開されました。
この報告書が公開されたことをきっかけに、報道などで太陽光発電の火災リスクが取り上げられ、住宅用太陽光発電システムを設置されている皆様におかれましては、火災についてご心配されていると思われます。
報告書は、「太陽光発電全般について警鐘を鳴らす」というものではなく、「ごく少数の一部の太陽光発電の設置形態を見直してはどうか」という内容です。すべての製品に火災リスクがあるというわけではありません。

出火・火災が起こる要因

火災事故が発生した場合は、住宅火災に発展するおそれがあり、甚大な被害が生じる可能性があります。
出火・火災が起こる要因として考えられることは以下の点が挙げられます。

  • 経年劣化、初期不良、取り付け不良による出火
  • パネルと屋根の間に落ち葉などが溜まっていた。鳥が巣を作っていた
  • 鳥などの小動物がケーブルをかじった
  • 配線端部の絶縁不良による出火
  • 配線がモジュール架台等の金属部に触れたことによる放電

太陽光発電システムは電気製品です。家電製品などと同じように出火の危険性があることを認識しておきましょう。

太陽光発電システムの保守点検を行いましょう

太陽光発電システム全体の維持管理を行う上で、定期的なメンテナンスが重要です。
火災を未然に防ぐためにも、システムを購入された販売業者、設置業者または製造業者にお問い合わせいただき、保守点検サービス等を受けることをお勧めします。

関連リンク

問い合わせ

環境経済部 環境課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。