このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 助成・貸付 の中の 店舗・住宅改修工事費補助金制度のご案内(追加募集を行います) のページです。
本文ここから

店舗・住宅改修工事費補助金制度のご案内(追加募集を行います)

更新:2016年5月26日

平成28年度 店舗・住宅改修工事費補助金制度のご案内

狭山市では、市民の皆さんが、市内の施工業者を利用して、店舗・空き店舗・住宅のリフォームを行う場合、その経費の一部を補助しています。これは、市内の経済活性化を図ると共に、皆さんの住環境の向上と空き店舗の活用を目的としています。ぜひご活用ください。

平成28年度店舗・住宅改修工事費補助金制度の追加募集を行います

2016年5月17日から25日の期間で募集を行いましたが、予算額に達しなかったため新規の受付を開始します。

申請要領

1.申請資格

  • 申請日現在、狭山市に住民登録(法人の場合は法人登記)をしている方であること
  • 申請日現在、市税(固定資産税、都市計画税、個人住民税、法人市民税、国保税、軽自動車税等)の未納がない方
  • 申請対象となる店舗、空き店舗または住宅は、市内に存在するもので、次の要件のいずれかに該当する方

(1)申請者が所有し、自らが営業している店舗または営業しようとする空き店舗
(2)申請者が所有し、貸し出している店舗または貸し出そうとしている空き店舗
(3)申請者が賃借し、自らが営業するための店舗または空き店舗
(4)申請者が所有し、または賃借する自らが居住するための住宅

  • 市で実施している他の補助制度(同じ工事を対象としたもの)を利用していないこと

※対象となる改修工事が、2017年3月31日までに完了すること

2.補助対象となる店舗

市内で事業を営む店舗(事業所)。申請者は、基本は事業を営む人(法人)で、賃貸店舗の場合は所有者の承諾書が必要となります。なお、賃貸店舗の場合、賃借者(事業を営んでいる人)の承諾の上で所有者が申請者となることもできます。

3.補助対象となる空き店舗

市内の空き店舗で新たに事業(※)を営む計画のある空き店舗。申請者は、当該空き店舗の所有者または、空き店舗を賃借し事業を新規に営む予定の人(法人)で、賃借者が申請する場合は、所有者の承諾書が必要となります。
※小売業、飲食業その他商店街の活性化に寄与すると市長が認める業種を営業することが要件となります

4.補助の対象となる住宅

狭山市在住の方が居住する個人住宅。集合住宅の場合は、個人の専用部分とする。また、賃貸住宅は、所有者の承諾書が必要となります。

5.補助対象となる工事

市内の施工業者(市内に事業所を有し店舗・住宅の改修を行っている民間業者)が行う20万円(税抜)以上の改修工事であること。なお、本補助の交付決定を受けた後に工事を着工し、2017年3月31日までに工事が完了すること。

※改修工事の例・・・といの改修、外壁の改修、床の改修、内壁・天井・間仕切りの改修
浴室・台所・トイレの改修、玄関・居室などの間取り変更等で建築確認の必要がない簡易な改修
空き店舗の、新規出店を可能にするために行う住宅と店舗の共有部分を分離する改修

  • 増築・改築などの床面積が増える工事(建築確認が必要)は対象となりません
  • 防蟻・防虫処理、外溝、カーポートなどの車庫・物置等の工事も対象となりません
  • 単なる、エアコン・給湯器・キッチンなどの交換も対象となりません(リフォーム改修に含まれている場合は補助対象となります)

6.補助金額

住宅:(税抜き工事費の)5%で上限10万円まで

店舗、空き店舗:(税抜き工事費の)10%で上限30万円まで

※補助額は、千円未満を切り捨てたものとします

7.募集期間

2016年5月26日(木曜日)から(予算額に達した時点で受付を終了します。)
※2016年5月17日から5月25日までの募集期間内に予算額に達しなかったため、追加募集を行うものです

8.申請に必要な書類

申請エントリーに必要な書類

  • 狭山市店舗・住宅改修工事費補助金交付申請書
  • 店舗・空き店舗の事業調書(店舗・空き店舗申請の方のみ)
  • 改修工事図面
  • 工事内訳のある改修工事見積書
  • 住民票(申請者個人、続柄・本籍記載なし)
  • 納税証明書(未納額のないことの証明)
  • 平成28年度課税資産(土地・家屋)明細書の写し、または家屋物件所在証明書

※課税資産(土地・家屋)明細書は納税通知書に記載もしくは添付されています。紛失等の場合は、市役所1階証明発行窓口で取得してください
※所有者が2名以上の場合は、申請者以外の委任状・承諾書が必要となります

  • 履歴事項全部証明書または現在事項証明書(法人の場合のみ)

※さいたま地方法務局所沢支局で取得できます

  • 改修箇所がわかる改修工事前の現場写真

※各種申請書類は以下のページからダウンロードできます

各種証明書の取得については、下記をご参照ください

納税証明交付申請書

※市税とは:固定資産税・都市計画税、個人・法人市民税、国民健康保険税、軽自動車税です

9.申請方法

必要書類を揃えて、市役所2階商工業振興課へ(郵送・ファクスは不可)。なお、本申請手続きの際に、同居の親族を除く本人以外の方が、代理で手続きをされる場合は、本人の委任状が必要です。

10.工事完了の報告

補助金の交付決定を受けた方は、改修工事が完了した日から1か月以内に次の書類を添えて補助金実績報告書を提出していただきます。

  • 狭山市店舗・住宅改修工事費補助金実績報告書
  • 改修工事領収書の写し
  • 契約書の写し
  • 補助金申請時に提出した改修工事前と同位置で撮影した改修工事後の現場写真

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

環境経済部 商工業振興課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。