このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

クーリング・オフ制度

更新:2011年3月1日

 「ウッカリ」契約してしまったり、脅迫されてその場では契約せざるを得ない状況で、契約してしまった場合、その契約を解除できる制度です。しかし、これは最後の手段、安易な契約をしないのが先決です。
 商法の種類によって販売方法やクーリングオフできる期間が次の例のように異なりますから注意しましょう。詳しくは消費生活センターへお問い合わせください。

クーリングオフできる期間の例

商法別分類

主な対象商品

販売方法

クーリングオフ期間

マルチ・マルチまがい商法 健康食品、浄水器、化粧品 商品を購入し、自分も商品の買い手を探し、買い手が増えるごとに、マージンが入り、自分の系列に加入者を増やしていくと大きな利益が得られるというもの。 契約書面交布日から20
資格商法 建築士、行政書士、社会保険労務士 電話等で「講座を受講すれば国家試験が免除になる」「近いうちに国家試験になる」などと偽り、教材を売りつける商法。 契約書面交布日から8
SF(催眠)商法 羽根布団、磁気器具、電気器具 安売りや講習会の名目で人集めをし、閉め切った会場で限られた数の日用雑貨を無料で配り、雰囲気を盛り上げて興奮させ最後に高額な商品を売りつける商法。

契約書面交布日から8

キャッチセールス 装飾品、絵画、美顔器 駅や繁華街の路上で、アンケート調査などと近づき、喫茶店や営業所に連れ込み、商品・役務等のサービスを売りつける。

契約書面交布日から8

アポイントメントセールス 教養娯楽品、会員権、パソコン 「景品が当たった」「旅行に安く行ける、会って話したい」などと、販売目的を隠し、「あなただけは特別」などと、有利な条件を強調して電話などで営業所や喫茶店に呼び出し、商品・サービスを契約させる。

契約書面交布日から8

点検商法 羽根布団、消火器、白アリ駆除 訪問に来て、「布団にダニがいる」「シロアリがいる」「水道水が濁っている」などとだまして、高価な代替品を売りつける。

契約書面交布日から8

内職商法 宛名書き、チラシ配り 「宛名書きで自宅に居て高収入を」と広告・郵便で加入し、機材・材料等を売りつけるとともに、講習会と称してデータ入力代金・受講料等を取られ、仕事はほとんどない。

契約書面交布日から20

ネガティブオプション 新聞、雑誌、ビデオ 注文していない商品を一方的に送りつけ、支払わなければならないと勘違いして支払うことを狙った商法。 未使用のまま14日過ぎても、何も言ってこなければ自由に処分できる

※事業者が、事実と違うことを告げたり威迫したことにより、消費者が誤認・困惑してクーリング・オフしなかった場合には、上記期間を経過していても、消費者はクーリング・オフができます。(クーリング・オフを行う際には、後々のトラブルを避けるためにも特定記録郵便や簡易書留で行うことが適切です)

クーリングオフの方法(はがきの例)

販売会社に通知する場合

  • 表・宛て先
    ○○県○○市○○番地
    ○○○株式会社 代表者○○○○様
  • 裏・内容
    契約解除通知書
    契約年月日 平成○○年○○月○○日
    商品名 ○○○○○○○○
    契約金額 ○○○○○○円
    販売会社名 ○○株式会社○○営業所
    担当者 ○○○○氏
    上記日付の契約は解除します。
    なお、支払い済みの○○○○○○円を返金し、商品を引き取ってください。
    平成○○年○○月○○日
    住所 ○○市○○町○○番地
    氏名 ○○○○

信販会社に通知する場合(信販会社とも契約した場合)

  • 表・宛て先
    ○○県○○市○○番地
    ○○○信販株式会社 代表者○○○○様
  • 裏・内容
    契約解除通知書
    契約年月日 平成○○年○○月○○日
    商品名 ○○○○○○○○
    契約金額 ○○○○○○円
    販売会社名 ○○株式会社○○営業所
    上記日付の契約は解除します。
    平成○○年○○月○○日
    住所 ○○市○○町○○番地
    氏名 ○○○○

通信販売の注意点

通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。カタログを隅まで熟読するとともに、次の点に注意しましょう。

  • 前払いは避ける
  • 広告は商品を使用するまで保存しておく
  • 返品可能なものを選ぶ
  • 住所が私書箱のみの場合は要注意

問い合わせ

市民部 消費生活センター 組織詳細へ
狭山市入間川2丁目2番25号
電話:04-2954-7745
FAX:04-2954-7719

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。