このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 年金・保険 の中の 国民年金 の中の 年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます のページです。
本文ここから

年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます

更新:2017年4月18日

2017年(平成29年)8月1日から、年金を受け取るために必要とされる「資格期間」が25年(300月)から10年(120月)に短縮されます。これにより、これまでは受給資格を満たしていないため年金を受けていなかった方でも資格期間に応じた年金が支給されます。

資格期間とは

  • 国民年金の保険料を納めた期間や免除を受けた期間
  • サラリーマンの期間(船員保険を含む厚生年金保険や共済組合などの加入期間)

などこれらの期間を合計したもの

ご注意ください

受け取る年金の額は、保険料を納付した期間に応じて決まります。40年間・保険料を納付された方が受け取ることができる額を「満額」といい、10年間・保険料を納付した場合は、おおむね満額の4分の1になります。

対象となる方はお手続きを

(1)2017年(平成29年)8月1日時点で資格期間が10年以上25年未満の方
新たに年金を受けられる方には、日本年金機構から年金請求書が郵送されます。お手元に届いた方は年金ダイヤルで予約を入れてお手続きをお願いします。なお、年金を受け取り始める年齢は男女で異なります。

年金請求書が送付される時期の目安
請求書が送付される方 送付時期
大正15年4月2日~昭和17年4月1日生まれ 2月下旬~3月下旬

昭和17年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

3月下旬~4月下旬

昭和23年4月2日~昭和26年7月1日生まれ

4月下旬~5月下旬
昭和26年7月2日~昭和30年10月1日生まれ(女性) 5月下旬~6月下旬

昭和26年7月2日~昭和30年8月1日生まれ(男性)

5月下旬~6月下旬

昭和30年10月2日~昭和32年8月1日生まれ(女性) 6月下旬~7月上旬
大正15年4月1日以前生まれ、共済組合などの期間がある方

6月下旬~7月上旬

(2)2017年(平成29年)8月1日以降に支給開始年齢に到達する方
対象となる方には、支給開始年齢に到達する3か月前に「年金請求書(事前送付用)」と請求手続きのご案内が日本年金機構から送付されます。年金請求書の受け付けは支給開始年齢になってからです。平成29年8月1日以降、支給開始年齢に到達したら請求書を提出してください。

2017年(平成29年)8月1日時点で、資格期間が10年未満の60歳以上の方

10年の資格期間がない方でも、次の制度を利用することで年金を受け取れる可能性があります。

(1)任意加入制度
ご本人の申し出により「60歳以上70歳未満」の期間に国民年金保険料を納めることで、年金を受給するために必要な資格期間を満たすことがあります。なお、加入は申し出のあった日からになりますのでご注意ください。
【ご利用いただける方】
60歳以上65歳未満の方

  • 老齢基礎年金の繰上げ受給をしていない方
  • 現在、厚生年金保険に加入していない方

65歳以上70歳未満の方

  • 老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方
  • 現在、厚生年金保険に加入していない方

(2)後納制度
過去5年以内に国民年金保険料の納め忘れがある方は、申し込みにより2015年(平成27年)10月から2018年(平成30年)9月までの3年間に限り、保険料を納めることができます。
【ご利用いただける方】

  • 5年以内に保険料を納め忘れた期間がある方(任意加入中の保険料も対象)
  • 5年以内に未加入期間のある方(任意加入の対象となる期間は対象外)

※60歳以上で老齢基礎年金を受け取っている方は申し込みできません

(3)特定期間該当届・特例追納制度
会社員の夫が退職したときや妻の年収が増えて夫の健康保険の扶養から外れたときなどには、国民年金の第3号被保険者から第1号被保険者への切り替えが必要でした。過去2年以上、切り替えが遅れたことがある方は、切り替えが遅れた期間の年金記録が保険料未納期間になっています。「特定期間該当届」の手続きをすることで、年金を受け取れない事態を防止できる場合があるほか、最大で10年分の保険料を納めることができます。納付できる期間は2018年(平成30年)3月までです。手続きを希望する方は年金加入者ダイヤルへご連絡をお願いします。

ご不明な点や年金事務所への相談の予約は年金ダイヤルへ電話:0570-051-165(050で始まる電話の場合は電話:03-6700-1165へ)

年金の請求手続きは年金加入者ダイヤルへ電話:0570-003-004(050で始まる電話の場合は電話:03-6630-2525へ)

問い合わせ

長寿健康部 保険年金課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。