このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

下水道使用料を改定します

更新:2017年12月28日

2018年(平成30年)4月1日から段階的に下水道使用料を改定します

下水道使用料は、下水道管の維持管理費や借入金利息の返済等に使われていますが、これらの汚水処理にかかる費用は、下水道使用料でまかなうことが原則とされています。
狭山市では、下水道使用料を平成2年に改定して以降、職員数の削減や建設コストの縮減など、経費を削減し、経営健全化に取り組んでまいりましたが、営業収支は毎年、赤字となっており、不足分を一般会計からの繰入金(税金)により補っている状況となっています。
また、今後見込まれる下水道施設の大量更新時期への対応や耐震化対策を推進するために財源の確保が必要となっており、下水道事業を将来にわたり健全に運営するため、段階的に下水道使用料を改定することとなりました。
今後も事業の効率化や経費削減などに努めてまいりますので、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。
なお、水道料金の改定はありません。

改定の内容

1 改定の時期

  • 平成30年4月1日から平均改定率8.98%の改定を行います。
  • 平成31年4月1日から改定前より平均改定率18.32%の改定を行います。

2 経過措置
継続して使用されている方は、平成30年5月1日以降の検針分から新料金となります。

  • 偶数月検針地域の方・・・6月の検針分から新料金となります。
  • 奇数月検針地域の方・・・5月の検針分は、新料金から一部減額となります。

※改定後の料金と改定前の料金の差額の2分の1が減額となります

2か月間で50立方メートル使用した場合(一般汚水)の計算例

1 改定後の下水道使用料(平成30年4月1日改定分)
基本使用料1,200円
排除量20立方メートルまでの分:6円×20立方メートル=120円
排除量21から40立方メートルまでの分:77円×20立方メートル=1,540円
排除量41から50立方メートルまでの分:87円×10立方メートル=870円
消費税相当分:298円
合計:4,028円
2 5月検針分経過措置の場合
・改定前と改定後の使用料の差額:4,028円-3,672円=356円
・差額の2分の1:356円÷2=178円
・下水道料金:4,028円-178円=3,850円

上下水道料金の計算について

下のエクセルファイルをダウンロードしていただき、水道メーターの口径、使用水量を入力していただくと、2か月分の上下水道料金が計算できます。
口径と使用水量の目安は、検針票をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

上下水道部 経営課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。