このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 税金 の中の 税務署からのお知らせ ~公的年金等に係る雑所得を有する方の所得税の確定申告不要制度~ のページです。
本文ここから

税務署からのお知らせ ~公的年金等に係る雑所得を有する方の所得税の確定申告不要制度~

更新:2016年2月2日

平成23年分(2011年分)の確定申告から、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告書の提出は不要となりました。
ただし、次の場合には所得税の確定申告が必要となります。

  • 平成27年分(2015年分)以降については、外国年金などの、源泉徴収の対象とならない公的年金等の支給を受けた方
  • 医療費控除などの控除を申告することで、所得税の還付を受ける方
  • 上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除など、確定申告書の提出が控除適用の要件となっている控除を受ける方

詳しくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。
なお、確定申告不要制度により、確定申告をしない方であっても、公的年金等の雑所得以外の所得がある場合や「公的年金等の源泉徴収票」に記載されている控除内容に変更や追加(扶養控除、生命保険料控除など)がある場合は、市民税・県民税の申告が必要となります。

関連ページ

問い合わせ

総務部 市民税課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。