このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 学ぶ・楽しむ の中の イベント・講座一覧 の中の 文化・教養 の中の 第34回狭山市民展出品作品を募集します(※募集終了しました) のページです。
本文ここから

第34回狭山市民展出品作品を募集します(※募集終了しました)

更新:2017年6月12日

※作品募集は終了いたしました
第34回市民展にぜひご来場ください。6月28日から7月3日まで開催!

2016年の会場の様子2016年の会場の様子

狭山市民展は、普段はあまり芸術に触れる機会の少ない方にもお近くで気軽にご覧いただける展示会として、毎回多くの方にご来場いただいております。
2017年は、狭山市在住の陶芸家で植松隆(うえまつたかし)氏の招待展示も予定されています。新たな発見や感動を味わいに、ぜひご来場ください。
第34回狭山市民展の会期・会場・作品規格等は次のとおりです。出品を希望される方は、開催要項をご確認の上、出品申込書に必要事項を記入して各公民館または富士見集会所へご提出ください。

第34回狭山市民展

会期

2017年6月28日(水曜日)から7月3日(月曜日)

会場

狭山市市民交流センター

作品募集

作品募集期間

4月18日(火曜日)から6月9日(金曜日)

作品規格

  部門 作品規格
第1部 日本画 50号(116センチメートル×97センチメートル)以内とする。
※作品はすべて額装とすること。
第2部 洋画

50号(116センチメートル×97センチメートル)以内とする。
※作品はすべて額装とすること。

第3部

230センチメートル×90センチメートルまたは120センチメートル×120センチメートル以内とする。ただし、文字の向きは縦、横自由。作品の表装はガラスを使用していない額装か枠張または軸装とすること。(ただし、篆刻作品は可)

第4部 彫刻 3方とも150センチメートル以内とする。
第5部 工芸 壁面作品は、2方とも150センチメートル以内とする。立体は、1作品の2方(幅と奥行き)は50cm以内、1方(高さ)は150センチメートル以内とする。ただし、立体の集合作品は、3方とも150センチメートル以内とする。着物・帯等は必ず衣桁等を持参し、付属品には名前をつける。
第6部 写真 半切、A3ノビ、全紙のいずれかとする。ただし、組み写真の場合は、一つのテーマを1枚のパネルにまとめる。(寸法は、90センチメートル×90センチメートル以内とする)※作品はガラスを使用していないこと。

※切り絵については、「工芸」部門として募集します。
※写真部門に出品される方は、申込書の備考欄に撮影場所を必ず記入してください

申込みできる方

市内在住、在学、在勤または公民館利用者の方(中学生以下を除く)

申込み方法

出品申込書に必要事項を記入の上、各公民館または富士見集会所の窓口でお申込みください(休館日、日曜・祝日を除く9時から17時)。

  • 申込み期間:4月18日(火曜日)から6月9日(金曜日)

搬入日・搬出日

  • 搬入日:(1)6月25日(日曜日)9時から17時工芸室

(2)6月26日(月曜日)9時から12時コミュニティホール

  • 搬出日:7月3日(月曜日)16時から17時

主催

狭山市教育委員会・狭山市公民館連絡協議会

2016年の様子(各部門)

  • 工芸作品の展示の様子工芸作品の展示の様子

  • 日本画、洋画作品の展示の様子日本画、洋画作品の展示の様子

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

生涯学習部 中央公民館 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目3番1号
電話:04-2952-2230
FAX:04-2952-4137

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。