このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 学ぶ・楽しむ の中の イベント・講座一覧 の中の 文化・教養 の中の さやま市民大学講演会&座談会「消えゆく生活文化の伝承とまちづくり」 のページです。
本文ここから

さやま市民大学講演会&座談会「消えゆく生活文化の伝承とまちづくり」

更新:2014年6月12日

~市制施行60周年記念~
市制施行以前から人々の生活の中で営まれていた生活文化が、急激な都市化や、家族の形態の変化などにより失われていっています。
それらの生活文化を知る方々は高齢化してきており、当時の話を伺える機会も少なくなってきています。
そこで、「さやま市民大学」では、それら「消えゆく生活文化」を掘り起して語り伝え、次世代に残していくことで、狭山市への愛着を深め、市民による元気なまちづくりにつなげていく事業に取り組むことになりました。
今回の講演会&座談会は、その幕開けとなる企画です。

講師には、長年、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』の編集人を務め、近年は作家としてご活躍の森まゆみ氏をお招きして、消えゆく生活文化の伝承とまちづくりをテーマにご講演いただきます。
奮ってご参加ください。

主催:狭山市&NPO法人さやま協働ネット(さやま市民大学運営受託者)

講師の紹介

森まゆみ氏

森まゆみ氏プロフィール
1954年東京都文京区生まれ。早稲田大学政経学部卒業。東京新聞研究所修了。
1984年、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊、09年の終刊まで編集人を務める。
98年に『鴎外の坂』で芸術選奨文部大臣新人賞、03年に『「即興詩人」のイタリア』でJTB紀行文学大賞を受賞。
そのほかサントリー地域文化賞、建築学会賞ほか。
著書に『「谷根千」の冒険』『女三人のシベリア鉄道』『海に沿うて歩く』『おたがいさま』『町づくろいの思想』など多数。
現在「谷根千・記憶の蔵」主宰。

日時

平成26年7月10日(金曜日)18時30分から(開場18時から)
第1部講演会 18時30分~
第2部座談会 19時45分~
20時45分終了予定

場所

狭山市市民交流センター
1階 コミュニティホール
(狭山市駅西口徒歩1分 駐車場はありません)

内容

第1部 講演会:「消えゆく生活文化の伝承とまちづくり」
講師:森まゆみ氏
第2部 座談会:「狭山における伝承事業の意義について」
司会:高橋光昭氏
出席者:森まゆみ氏、廣澤謙一氏、仲川幸成狭山市長

対象

どなたでも

定員

200名(先着順)

費用

無料

申込み・問い合わせ

申込は6月18日(水曜日)から
さやま市民大学事務局で受付します。
電話 2968-6885 FAX 2959-2785
※月曜日から金曜日、8時30分から17時までにお願いします。

問い合わせ

市民部 協働自治推進課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。