このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

狭山市発リオへ!石川末廣選手(マラソン)

更新:2016年8月22日

石川末廣選手の写真

狭山市在住の石川末廣(すえひろ)選手は市内企業陸上競技部に所属し、2016年3月6日、滋賀県大津市で開催されたリオ五輪の国内最終選考である「第71回びわ湖毎日マラソン大会」で4位に入賞(日本人2位)しました。見事オリンピック初出場の切符を手にし、リオデジャネイロオリンピックの陸上競技男子マラソン日本代表に決定しています。

リオデジャネイロオリンピック陸上男子マラソン結果

石川選手は公式タイム2時間17分08秒で36位でした。
スタート時の天候は雨で気温は24度、ハイペースが予想されましたが実際はスローペースの展開。石川選手は「一つでも上の順位を目指していく」との言葉通り、序盤から安定した走りをみせ、いい位置で先頭集団にくらいついていきました。雨がやみ気温が上昇してきた25キロ付近で少しずつ差が広がり、海外勢のスピード変化への対応に苦しい場面もありましたが、それでも粘り強く、リオの42.195キロ走りぬけました。スタートからゴールまで、五輪への強い気持ちを感じられる走りを見せてくれました。
皆さま、多くのご声援ありがとうございました。
また、石川末廣選手、おつかれさまでした。
夢と希望と感動をありがとうございました!

いよいよ石川選手がリオのスタートラインに立ちます!

リオデジャネイロオリンピック男子マラソンが8月21日(日曜日)に行われます。
石川選手がついにリオの舞台に登場!
最終日、石川選手の気持ちの入った粘り強い走りから、メダルの期待が高まります。
競技当日はテレビで生中継もあります。
がんばれ石川選手!
石川選手への大きな声援をよろしくお願いします!!
【テレビ放送】
放送局:NHK総合
時間:21時~

石川末廣選手プロフィール

経歴

三重県鈴鹿市立小・中学校~三重県立稲生高等学校~東洋大学~市内企業(現在)

主な実績

2003年/京都シティハーフマラソン【2位】
2003年/日本陸上競技選手権5,000メートル【3位】
2009年/世界クロスカントリー選手権ヨルダン大会【47位】
2012年/びわ湖毎日マラソン【13位】⇒当時32歳初マラソンでの日本男子最高記録
2013年/びわ湖毎日マラソン【6位】⇒日本人3位/2時間09分10秒の自己記録
2013年/ベルリンマラソン【7位】⇒日本人1位
2016年/びわ湖毎日マラソン【4位】⇒日本人2位

ベストタイム

5,000メートル/13分42秒64(2003年6月8日/日本陸上競技選手権)
10,000メートル/28分07秒04(2009年4月24日/ブルータスハミルトン招待)
ハーフマラソン/1時間02分23秒(2003年3月9日/京都シティハーフマラソン)
フルマラソン/2時間09分10秒(2013年3月3日/びわ湖毎日マラソン)

マラソンとは

陸上競技の長距離走の一つで、42.195キロメートルの公道コースを走り、順位や時間を競う種目です。
ちなみに、42.195キロメートルとは、直線で、おおよそ狭山市から東京都のお台場までの距離になります。

マラソンの歴史

紀元前のギリシャの故事「マラトンの戦い」に由来してその名称が付けられたというマラソン。1896年の第1回近代オリンピック(アテネオリンピック)で行われた長距離走が、マラソン競技の始まりと言われています。当初は、大会ごとの競技距離は一定ではなく、1924年の第8回パリオリンピックから現在の42.195キロメートルの距離で実施されて、今日に至っています。
近代オリンピック開催当初は、マラソン競技も含めて陸上競技は男子のみで行われており、今では人気となっている女子マラソンですが、1984年の第23回ロサンゼルス大会から正式種目になりました。

競技開催日程

2016年8月21日(日曜日)9時30分から
(日本時間:2016年8月21日(日曜日)21時30分から

石川選手メモ

石川選手の写真

石川選手は普段、市内の狭山稲荷山公園や智光山公園、入間川サイクリングロードで練習をしています。
とても身近に感じますね。

石川選手の写真

東洋大学時代は1、2年生のときに箱根駅伝に出場され、3、4年生のときは惜しくも予選会で敗退となっています。
市内企業の陸上競技部へ入部後は、中長距離のトラック競技やクロスカントリー大会などに出場して経験を積み、フルマラソンに初挑戦したのは、32歳のときです。
その後、マラソンで着実に力を発揮され、代表を勝ち取ったレースは、2014年の東京マラソン以来の2年ぶりのレースで、自己ベストにあと15秒に迫る好タイムでした。
石川選手はずっと日の丸をつけて走りたいと思っていたので、リオ五輪で走るチャンスをつかめて嬉しいと語っています。

石川選手の写真

リオデジャネイロオリンピック男子マラソン当日には、36歳10か月となり、1996年のアトランタオリンピックに36歳3か月で出場した谷口浩美選手を抜き、男女通じて最年長のオリンピックマラソン代表選手です。
石川選手曰く、マラソンは、才能がある選手が必ずしも勝てるのではなく、努力をした人が勝てるところが魅力とのこと。
年齢が注目されますが、石川選手は、自分の体の衰えを感じていることはなく、年齢を言い訳にせず、年齢が高くても走れることを証明したいと力強く語っています。

石川選手を応援しよう

狭山市は石川選手を応援します。
男子マラソンは最終日、石川選手は満を持して登場します。
輝かしいメダルを日本に、そして狭山にと期待が膨らみます。
42.195キロメートル、登り下りのアップダウンで苦しい場面もありますが、石川選手へ大きな声援を送りましょう。
気持ちをのせて、狭山市発、リオへ!!

選手への応援メッセージを募集しています!

選手に応援メッセージをお送りいただいた方の中から、抽選で8名様に選手のサイン色紙をプレゼント!応募方法は、下記のサインをクリック!

石川末廣選手のサイン色紙の画像

問い合わせ

生涯学習部 スポーツ振興課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。