このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 学ぶ・楽しむ の中の イベント・講座一覧 の中の スポーツ・レクリエーション の中の ASエルフェン埼玉 の中の 【ちふれASエルフェン埼玉】市長表敬訪問&クロスカントリーにゲストランナーとして参加! のページです。
本文ここから

【ちふれASエルフェン埼玉】市長表敬訪問&クロスカントリーにゲストランナーとして参加!

更新:2016年12月22日

2016シーズン「1年で1部絶対復帰」を目標に戦い、見事2017シーズン1部昇格を決めたちふれASエルフェン埼玉から、伊藤主将、薊副主将、荒川選手の3名が11月30日(水曜日)に小谷野狭山市長を表敬訪問、12月11日(日曜日)にはクロスカントリーinSayama2016にゲストランナーとして参加いただきました。

クロスカントリーinSayama2016

日にち

2016年12月11日(日曜日)

参加者

西山裕彦理事長、伊藤香菜子主将、薊理絵副主将、荒川恵理子選手

  • 開会式であいさつする伊藤選手の写真

  • ゲストランナーとして走る伊藤選手の写真

今年で24回目を数える狭山市のスポーツ一大イベント。クロスカントリーinSayamaが狭山稲荷山公園を会場に開催されました。今大会は、主催する狭山市体育協会が創立60周年を迎え、その記念事業として、リオデジャネイロオリンピック近代五種日本代表の朝長なつ美選手とともに、ちふれASエルフェン埼玉から3選手をゲストランナーとしてお招きしました。
開会式では、伊藤主将に3人を代表してあいさつをいただきました。事前の打ち合わせで、司会から紹介されたら一言「よろしくお願いします」でよいとのことだったようですが、紹介に至るまでの流れを瞬時にくみ取り、得意の左足のフリーキックのような精度の高い「あいさつ」を披露してくださいました。さすがキャプテン!
開会式が終わると、エルフェンブルーを身にまとい、実際にレースに参加。第2レース(小学生男子3、4年生)に伊藤選手、第3レース(小学生女子5、6年生)に薊選手伊がそれぞれ子どもたちと一緒に楽しくアップダウンのある特設コースを走っていただきました。第4レース(小学生女子3、4年生)走る予定でした荒川選手は、けがの回復具合もあるため、無理をせず、スターターという大役を務めていただき、スターターとして、これ以上ないというベストなタイミングで、ピストルを鳴らしていただきました。
第1レース(小学生男子5、6年生)を走った朝長選手と共にエルフェン三銃士が記念大会に華やかな彩りを添えていただきました。子どもたちは、とてもいい思い出になりました。

  • ゲストランナーとして走る薊選手の写真1

  • ランナーを出迎える伊藤選手の写真

小学生を出迎える3選手の写真伊藤選手、薊選手、荒川選手が、頑張って走り抜きゴールした小学生をハイタッチで出迎えてくれました

市長表敬訪問

日にち

2016年11月30日(水曜日)

参加者

西山裕彦理事長、元井淳監督、伊藤香菜子主将、薊理絵副主将、荒川恵理子選手

  • 小谷野市長から西山理事長へ花束贈呈の写真

  • 西山理事長が1部昇格の報告をする写真

  • シーズンを通しての思いを話す元井監督の写真

1部昇格のお祝いムードの中スタート。
はじめに小谷野市長から西山理事長に花束を、元井監督に里芋の贈呈がありました。
その後は西山理事長から、2016シーズンを終えての報告をいただきましたが、なにより、そのなかで「1部復帰!1部昇格!」の言葉を聞くことができ、嬉しい限りです。フロントとして、大変なご苦労があったかと思います。フロントの方々の裏方としてのしっかりとしたサポートがあってこそ、選手の皆さまも試合に集中できたのではないでしょうか。誠におめでとうございます。
元井監督からもシーズンを振り返っての報告をいただきましたが、今シーズン「1部絶対復帰」が至上命題のもと、就任なされたわけで、大きなプレッシャーがあったかと思いますが、大変おつかれさまでした。入替戦第1節が元井監督の誕生日のようで、試合終了後、選手からハッピーバースデーのウォーターシャワー(水かけ)を見ると、とても良好な関係が築かれているのがわかりました。監督の人柄ですね。
伊藤主将、薊副主将、荒川選手からもそれぞれ報告いただきましたが、シーズンを通しての話、入替戦の話、昇格を決めた後の話など、内容盛りだくさんでした。トップで話された伊藤主将が、さすがの完璧な回答!それを受けた薊副主将も素晴らしい回答、伊藤主将の背中を見てますね。そして最後に荒川選手、オチではなく、エルフェンの気持ちを代弁すべく、これまた素晴らしい回答。3選手から感じることは、いずれも、ファン・サポーターやスポンサー地域等、エルフェンを応援している方々をとても大切にしてくれていること。ありがたいですね。
小谷野市長も、1部昇格に向けて重要な一戦となった、入替戦第1節、鴻巣市立陸上競技場にかけつけ、勝利の瞬間を共有していることもあり、喜びもひとしお。オフサイドとなった薊選手の幻の5点目の話が飛び出すなど、終始和やかな会談となりました。
2017シーズンは、1部での戦いとなります。強敵ぞろいでありますが、より高みを目指すため、がんばってください。
引き続き狭山市はちふれASエルフェン埼玉を応援します!

  • 2016シーズンの報告をする伊藤選手の写真

  • 2016シーズンの報告をする薊選手の写真

  • 2016シーズンの報告をする荒川選手の写真

問い合わせ

生涯学習部 スポーツ振興課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。