このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

加佐志の耳だれ地蔵

更新:2011年3月1日

画:加佐志の耳だれ地蔵

 むかしのお話です。
 加佐志(かざし)というところに、小さなお地蔵さまがありました。「この地蔵さまは、たいそう古くから、耳だれにごりやくがあるのじゃ」と村の古老(ころう)(お年寄り)たちが話しておりました。そして、耳のわるい人たちが願かけにまいりますときは、必ず竹筒にお酒を入れまして、お地蔵さまにぶら下げ、「地蔵さま、どうか私の耳だれをなおしてくださいませ。なおしてくだされば、この酒を倍にしてお礼にまいります」といいまして、一心に願をかけ、まえの人がぶら下げていきました竹筒の酒を持ち帰るのであります。
 このお地蔵さまのごりやくは、なかなかのものであったらしく、近郷近在(きんごうきんざい)の参詣人は多く、いつもお酒の入りました竹筒がぶらさがっていたとのことであります。
 むかしは、毎年4月、8月の24日が縁日(えんにち)で、その日は参詣(さんけい)人も多く、露店まで出たとのことであります。
 現在は、墓地の入口に、ひっそりと立っております。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。