このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

田中のカンカン地蔵

更新:2011年3月1日

画:田中のカンカン地蔵

 むかしのお話しです。
 入間川地区のはずれ、赤間川の近くに、田中の墓地というところがありますが、その墓地のずーっと奥の方には、ちょっと風変わりなお地蔵さまがあります。それは通称「田中のカンカン地蔵さま」と呼ばれておりまして、近郷近在(きんごうきんざい)にまで鳴りひびいておりましたそうであります。
 ある日のこと、村のおひゃくしょうさんがおとずれまして、「どうもおなかのちょうしがわるくてこまっているだべぇ、いしゃにみせても、くすりをのんでもききめがなく、お地蔵さん、なんとか治らんもんだんべえか。」そして、近くにおちておりました小石で、お地蔵さんのおなかのあたりをカンカンとたたきました。
「こんあたりだべえ。」と、なおもカンカンとうちつづけました。しばらくしておひゃくしょうさんは、「あ、なんだかおなかがすっきりしたようだ。ありがとうございました。」とお礼をのべ、持っていましたお米をおいて、ニコニコと帰って行きました。
 それをいちぶしじゅう見ておりました者が、おひゃくしょうさんのまねをして、「お地蔵さま、おらあどうも腕が痛くて。」と、カンカンやりました。
 このことが次から次と知れわたり、だれもがお地蔵さまをカンカンやりましたので、すっかり穴ぽこだらけとなりました。また、このおまじないがよくきくものとみえまして、それはおおぜいの人がやってくるようになりましたので、穴はすっかり大きくなったというお話しであります。そして常にカンカンと音がしますので、だれいうとなく「カンカン地蔵」と呼ばれるようになったということであります。
 今もこのお地蔵さま、穴ぽこだらけでたっております。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。