このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

徳林寺の子育て地蔵と穴あき石

更新:2011年3月1日

画:徳林寺の子育て地蔵と穴あき石

 狭山市入間川二丁目、中央図書館の近くに徳林寺(とくりんじ)というお寺がありますが、その境内のかたすみに成円地蔵(じょうえんじぞう)というりっぱなお地蔵さまが安置されています。
 むかしのお話しです。入間川のほとりに、たいそう働き者のおひゃくしょうさん夫婦が住んでおりました。この夫婦には、かわいい一人の娘がおりましたが、生まれて間もなく夫婦のちょっとした不注意から耳が聞こえなくなってしまいました。夫婦にとっては何よりもそのことが不憫(ふびん)におもわれ、医者という医者にみせてまわり、また、人伝えや(うわさ)を聞いてはあらゆるところへ願かけにいきましたが、娘の耳はいっこうによくなりませんでした。そんなある日のこと、あまり近くにありましたので気づかずにいた徳林寺のお地蔵さんが、なかなか霊験(れいげん)あらたかだという話を耳にしましたので、さっそく夫婦はワラにもすがる気持ちで娘を連れて願かけに出かけました。
 そして、3・7・21日の満願の日の朝のことです。娘が(にわとり)の鳴き声で目をさましたことを知り、夫婦は手をとりあって喜び、お地蔵さんへお礼に出かけました。
 ところが、貧しい夫婦の家には、何もありません。そこで、川原でひろっためずらしい穴あきの石を持っていくことにしました。
 「おかげさまで娘の耳が聞こえるようになりました」といって、穴あき石に糸をとおして、お地蔵さんのそばにつるしました。
 このことがたいへん評判となり、お地蔵さんに願をかけるときは、穴のあいた石に糸をとおしてつるすようになったということです。これは人間の一心が岩をもつらぬくということから行われるようになったともいわれ、今も、穴あき石がたくさんお堂の前にぶらさがっています。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。