このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

絵の上手なお坊さん

更新:2011年3月1日

画:絵の上手なお坊さん

 柏原(かしわばら)には格式のある西浄寺(さいじょうじ)という古いお寺があります。
 むかしのお話です。たいそう絵の上手なお坊さんがおりました。ある日のこと、お坊さんが本堂でお(きょう)を読んでおりました。ところがスズメの大群がやってきて「チュンチュン、チュンチュン…」とたいへんなさわぎでお経どころではありませんでした。
 また、あるとき、庭で寺男(てらおとこ)と小坊主がさわいでおりました。
 「またやられた」
 「うらの竹やぶのスズメのしわざだべえ」庭にほしてあった豆を食べられてしまったのでした。
 「おしょうさま、なんとかならねえもんかね」
 「ウム…よし、ひとつためしてみるか!」とお坊さん、その日から部屋に三日間ほどこもりました。「できた、できた、この絵を本堂に掛けておきなさい」と小坊主に掛軸をわたしました。すると不思議にも、その日からぴったりとスズメが来なくなり、竹やぶでも鳴かなくなりました。
 お坊さんの描いた絵とは、それはみごとな(たか)の絵でした。いまさらながらお坊さんの絵の上手なことにみんなで感心したということです。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。