このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

日暮らしの馬頭さま

更新:2011年3月1日

画:日暮らしの馬頭さま

 むかしのお話です。下広瀬(しもひろせ)の街道ぞいの、入間川の近くに「馬頭観世音(ばとうかんぜおん)」の石碑(せきひ)がたっておりました。ある日、その石碑の前に一人の旅人が立ち止まり、しきりに感心しながら、碑の文字を見ておりました。やがて、石碑の前にどっかりとすわりこんでしまいまして「うーむ、これはすばらしい、なんともはやみごとな文字じゃ、じつにうまい」。なんどもくり返し、ほめっぱなしでありました。
 そこへ、村の人たちが通りかかりました。旅人が、馬頭観音の文字を見て、しきりに感心していましたので、日ごろはあまり目にとめていませんでしたその文字をジッと見ましたところ、「なるほど、今まで気にもとめなかったが、こりゃーなんと、うめえ文字だんべえ」。あとからやって来ます村の人も旅の人たちも、立ち止まりまして「うむうむ、何度ながめていても、やっぱりいい文字だべえ」などと口々にいいながら、見入っておりました。
 そうしまして、みんながああだ、こうだといって感心していますうちに、太陽も西に傾きまして、やがて一番星がチカチカ輝きはじめました。それでも人々は、馬頭観音の碑の文字を見つづけ、感心しつづけました。そして、とうとう月が出るまで立ち去りませんでした。
 文字が立派で、いくら見てもあきないこの馬頭観音、だれいうとなく「日暮らしの馬頭さん」と、呼ばれるようになりました。
 この評判は、パッと広がりまして、いつも二、三人の人が、長いあいだながめていたそうです。
 これは、この石碑の文字が、あまりにもみごとなできばえでしたので、こういう呼び名がついたのだそうです。
 この石碑は、今も広瀬橋のたもとの墓地の入口近くにあります。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。