このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

子育ての鬼子母神さま

更新:2011年3月1日

画:子育ての鬼子母神さま

 むかしのお話です。
 上広瀬(かみひろせ)宮地(みやち)というところに、信立寺(しんりゅうじ)という古いお寺があります。このお寺の山門を入って行きますと、すぐ左手にお堂が見えますが、このお堂のなかに「鬼子母神(きしもじん)」がまつってあります。
 鬼子母神には次のような話があります。
 昔は鬼そっくりの恐ろしい神さまで、いつも人間の子どもをとっては食べていました。
 神さまはそれを見て悲しがられ、ある日、不意に鬼子母神の子どもをつかまえて(かく)してしまいました。
 鬼子母神には大勢の子どもがいましたが、一人いなくなっただけで、それはもう気も狂わんばかりになって探しまわりました。
 そこへ神さまがやって来て「わが子をとられれば人間だって同じように悲しいものだ。もう二度と、人間の子どもをとらないか」
 鬼子母神は泣きながらお願いしました。「もう、決して人間の子をとったりはいたしません。どうかわたしの子どもを返してください」
 こんなことがあってから、鬼子母神はすっかり変わって、子どもを守ってくれる、子育ての神さまになったそうです。
 むかしから、信立寺の鬼子母神さまは、子どもが病気にかかって、医者に見せても、どうしても治らない病気とか、夜泣き、カンの虫、また、生まれて間もなく病気になって歩けなくなったときなど、お参りをすると治るといわれています。
 春の3月18日が縁日(えんにち)になっていまして、冬が終わってあたたかくなった野道を、近くの老若男女(ろうにゃくなんにょ)、時には遠く、飯能(はんのう)比企郡(ひきぐん)八王子(はちおうじ)の方からも孫や子どもたちの手をひいてお参りにやって来るそうです。
 お参りに来る人たちは新しい作りたてのワラぞうりを手に手にやって来ますが、これには次のようなわけがあります。
 新しいワラぞうりを持って来て、病気が治るように一心にお祈りをしまして、以前に納めた古いワラぞうりをもって帰ります。そしてこの古いワラぞうりをはいて、早く歩いておくれとたのむと、心が通じますのか、ふしぎとよく治ったのだそうです。
 このことが知れわたり、子どもの病気を治すために、縁日になると手に手に真新しいワラぞうりをもってやって来るのです。
 最近では、はだ着まで持って来る人もいるそうです。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。