このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

鷹狩りと御詞の梅

更新:2011年3月1日

画:鷹狩りと御詞の梅

 下奥富(しもおくとみ)広福寺(こうふくじ)は、龍宮城のような山門があることで有名です。
 山門は二階建てで、一階の袴腰(はかまごし)漆喰(しっくい)白壁ぬりで、二階が鐘楼(しょうろう)になっており市指定の文化財の建造物です。
 その山門をくぐると、すぐのところに井戸と梅の木がありますが、伝説によりますと、むかし、徳川三代将軍家光(いえみつ)公が武蔵野で鷹狩りをしたときに、広福寺におたちよりになったそうです。そのとき、井戸の水でわかしたお茶を召しあがりながら、梅の花の美しさをたいへんにほめられたそうです。その後、ゆかりの井戸のことを「梅の井」といい、梅の木のことを「御詞(おことば)の梅」と呼び、寺では代々大切にしています。
 また、広福寺には、幕末の勤王(きんのう)の志士である川越出身の西川錬造(にしかわれんぞう)清河八郎(きよかわはちろう)らが、ひそかに会合したといわれる屋根うら部屋もあったそうです。
 そして、弥次さん喜多さんでお馴染(なじ)みの「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」の作者である十辺舎一九(じっぺんしゃいっく)も、その珍しさをめでたといわれております。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。