このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

出羽三山供養塔

更新:2011年3月1日

出羽三山供養塔

出羽三山(でわさんざん)とは、山形県の中央部にそびえる月山(がっさん)羽黒山(はぐろさん)湯殿山(ゆどのさん)のことで、江戸時代後期になると各地で供養塔が造立されるようになりました。
三山のうち、農民の崇拝(すうはい)がもっとも厚かったのは湯殿山です。それは、湯殿山神社の御神体である巨岩から噴き出す霊湯が、五穀豊饒に霊験があるとされたためです。
南入曽の金剛院(こんごういん)境内にあるこの供養塔は、文政11年(1828)2月に建てられたものです。正面に胎蔵界大日(たいぞうかいだいにち)を表す種子(しゅじ)「アーンク」が刻まれ、湯殿山を中心に向かって右に羽黒山、左に月山と彫られています。

  • 寸法:高さ88.5センチメートル・幅37センチメートル・台座高さ26.5センチメートル・台座幅43センチメートル

場所

所在地
狭山市大字南入曽460番地
金剛院

関連項目

社寺

問い合わせ

生涯学習部 社会教育課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。