このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

紙本着色両界曼荼羅

更新:2011年3月1日

紙本着色両界曼荼羅(左が金剛界、右が胎蔵界)

上奥富にある瑞光寺は、真言宗智山(ちざん)派の寺院で、本尊は大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)です。寺伝によると、同寺は大同2年(807)の創建といわれ、古くは国道16号線の南側にある字新堀(にいほり)にありましたが、たびたびの戦禍によって寺が焼失したため、現在地に移ったといわれています。
大日如来には「智」を表す金剛界(こんごうかい)大日と、「理」を表す胎蔵界(たいぞうかい)大日がありますが、金剛界は左手人差し指を右手で握る智拳印(ちけんいん)を結び、胎蔵界は両手の(たにごころ)を重ねて親指の先をつける法界定印(ほっかいじょういん)を結んでいます。この寺の本尊は智拳印を結ぶ金剛界大日で、頭に載せた宝冠(ほうかん)からは冠纓(かんえい)と呼ばれる飾り(ひも)が腰まで垂れ、尊顔は智を表すのにふさわしい顔立ちをしています。
瑞光寺の紙本着色両界曼荼羅は、金剛界と胎蔵界の曼荼羅を和紙に彩色で描いたものです。大きさはいずれも縦90.5センチメートル、横81センチメートルで、室町時代の作と推定されています。
曼荼羅とは、仏教の宇宙観を諸仏によって整然と描いた図像画で、金剛界曼荼羅は、全体を成身会(じょうしんえ)一印会(いちいんえ)供養会(くようえ)など9つに区画し、中央の成身会に主尊の大日如来を置き、その周囲に阿閃(あしゅく)宝生(ほうしょう)無量寿(むりょうじゅ)不空成就(ふくうじょうじゅ)の金剛界四仏を配したもので、全部で412体の仏像が描かれています。
これに対し胎蔵界曼荼羅は、全体を中台八葉院(ちゅうだいはちよういん)遍知院(へんちいん)持明院(じみょういん)など12に区画し、中央の中台八葉院に大日如来を据え、八葉部分に無量寿・天鼓雷音(てんくらいおん)宝幢(ほうどう)開敷華王(かいふけおう)の四如来と、観音(かんのん)弥勒(みろく)普賢(ふげん)文殊(もんじゅ)の四菩薩を配したもので、381体の仏像が描かれています。

  • 狭山市指定文化財〔有形文化財・絵画〕
  • 指定日:昭和61年(1986)11月1日

場所

所在地
狭山市大字上奥富354番地
瑞光寺

関連項目

社寺

問い合わせ

生涯学習部 社会教育課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。