このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

桃園三傑図

更新:2011年3月1日

桃園三傑図

上奥富の梅宮神社拝殿に掲げられている桃園三傑図は、(しょく)(現在の中国)の皇帝劉備玄徳(りゅうびげんとく)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の両名と桃の木の下で義兄弟の盟約を結ぶところを絵にしたもので、中央に劉備玄徳、右に関羽、左に張飛が描かれており、縦125センチメートル、横180センチメートルの大きさです。作者は雲谷派(うんこくは)の雪山堤等琳で、江戸時代後期の人です。雲谷派は安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した流派で、雪舟(せっしゅう)の画法を忠実に真似た力強く押しつけるような墨線や墨色に特色があります。
額の裏面には、江戸の浅草田原町(たわらちょう)に住む境屋伝蔵(さかいやでんぞう)が文政3年(1820)正月に奉納したと記されていますが、この人物がどのような理由で同社に奉納したのかはわかっていません。上奥富には「酒井」姓の家が古くからあるので、境屋伝蔵は当地出身者とも考えられますが、詳しいことは不明です。

  • 狭山市指定文化財〔有形文化財・絵画〕
  • 指定日:昭和52年(1977)9月1日

場所

所在地
狭山市大字上奥富508番地
梅宮神社

関連項目

社寺

問い合わせ

生涯学習部 社会教育課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。