このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

広福寺山門

更新:2011年3月1日

広福寺山門

広福寺は天台宗の寺院で、本尊は木造の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)です。創建は永禄11年(1568)と伝えられていますが、過去帳を見ると「永正甲戌仏涅槃(ねはん)日天台沙門実海(しゃもんじつかい)寂」とあるので、その草創は永正11年(1514)以前にさかのぼるものと考えられます。
同寺の山門は白壁が美しい竜宮造りの建築様式をとるもので、入母屋(いりもや)造りの瓦葺(かわぶ)き屋根の下は鐘楼(しょうろう)になっています。この山門は、同寺所蔵の「表門諸入用帳面式」によると、文化元年(1804)10月29日に棟上(むねあげ)祝儀を行ったとあるので、翌年には完成したと考えられています。また、同文書によると、工費は大工や木挽(こびき)の手間賃などを含めて281両2分2朱余とあるので、莫大な経費をかけて建てられたことがわかります。
なお、同寺には、雨亭(うてい)が描いた人物画の杉戸がありますが、同人は中国から来た人で文化2年に亡くなっているので、この山門建築に何らかの関係があったのではないかと推察されています。

  • 狭山市指定文化財〔有形文化財・建造物〕
  • 指定日:昭和48年(1973)3月1日

場所

所在地
狭山市大字下奥富844番地
広福寺

関連項目

社寺

問い合わせ

生涯学習部 社会教育課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。