このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

天岑寺月待供養の碑

更新:2011年3月1日

天岑寺月待供養の碑

天岑寺月待供養(てんしんじつきまちくよう)の碑は、同寺の惣門を入った左側にあります。月待とは、十三夜・十五夜・二十三夜など特定の月齢の夜に信者が集まり、月の出を待ってこれを拝む行事で、その供養の印として建てたのがこの碑です。
高さ129センチメートル、幅39センチメートルのこの碑は、文明14年(1482)8月23日に造立されたもので、正面に阿弥陀三尊(あみださんぞん)来迎図(らいごうず)が、その上部には天蓋 (てんがい)日月(じつげつ)が、画像の下には前机(まえつくえ)花瓶(けびょう)香炉(こうろ)燭台(しょくだい)三具足(みつぐそく)が刻まれています。施主は、農民の中でも主導的立場にあった名主(みょうしゅ)級と思われる11名で、そのほか僧籍の者2名がみられます。
この供養碑は秩父地方産の緑泥片岩(りょくでいへんがん)を材質とするもので、武蔵型板碑(いたび)の一種です。緑泥片岩はその名のとおり緑色をした岩石で、板状に薄くはがれる性質があるところから、13世紀から16世紀末に至るまで、県内を中心に数多く造立されました。板碑のことを青石塔婆(あおいしとうば)と呼ぶのはこのためで、その形は偏平(へんぺい)な石の頭部を三角形に整形し、直下に二条線と呼ばれる切り込みを入れ、それにつづく長方形の身部に信仰の対象となる種子(しゅじ)〔如来や菩薩(ぼさつ)を表す梵字 (ぼんじ)〕や画像が刻まれ、下部には造立年月日や供養者・被供養者の名前または法名があります。

  • 狭山市指定文化財〔有形民俗文化財〕
  • 指定日:昭和48年(1973)3月1日

場所

所在地
狭山市沢5番34号
天岑寺

関連項目

社寺

問い合わせ

生涯学習部 社会教育課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-8671

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。