このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

桜鯛の茶漬け

更新:2015年6月10日

3月から6月の真鯛は、きれいな桜色になるため「桜鯛(さくらだい)」と呼ばれています
お茶の香りと、桜鯛、だし汁のおいしさを味わえる一品です

桜鯛の茶漬け

材料・4人分

ご飯2合分、鯛の上身(生食用)1柵、お茶(煎茶)適量
(A)鯛の骨1尾分、昆布5センチメートル
(B)練りごま(市販のもの)大さじ1、しょう油大さじ1、みりん小さじ1、白ごま小さじ2
(C)切り海苔(のり)青ねぎ(小口切り)白ごま各適量

作り方

  1. (A)鯛の骨をこんがり焼き、昆布を加え、だし汁を取る
  2. 鯛の身は薄切りにし、(B)を合わせたもので和える
  3. ご飯をどんぶりに盛り、2.をのせ、その上に(C)をたっぷりのせる。1.のだし汁をふり掛け、急須(きゅうす)()れた熱めのお茶をかける

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。