このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

笹井の観音堂(水富地区)

更新:2014年2月10日

残しておきたい狭山の風景題字・童絵 池原昭治氏

残しておきたい狭山の風景

童絵作家池原昭治氏による手書きの地図

笹井の観音堂の住職は、その昔、京都聖護院に上るとき、十万石の大名並みの格式で共揃えをし、駕籠に乗って京に上ったと伝えられています。
「おおさむかんなんどう(観音堂)、かんなんどうで火が燃える、早くいって、あたるべえ」という、わらべ唄もあります。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。