このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 市政 の中の 広報 の中の 残しておきたい狭山の風景 の中の 天岑寺惣門(市指定文化財) のページです。
本文ここから

天岑寺惣門(市指定文化財)

更新:2015年8月10日

残しておきたい狭山の風景題字・童絵 池原昭治氏

残しておきたい狭山の風景

童絵作家池原昭治氏による手書きの地図

 寛永(1624~1643年)初期の建造と推定される惣門で、長い参道からの眺めは四季折々の風情が楽しめます。
 惣門(そうもん)とは外構えの大きな門のことで、特に禅寺の表門のことをいいます。
 天岑寺(てんしんじ)は旗本小笠原家の墓所(市指定文化財)があることでも有名です。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。