このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 市政 の中の 市政への参加 の中の 協働 の中の 第5回つな×つなさやまを開催しました のページです。
本文ここから

第5回つな×つなさやまを開催しました

更新:2016年11月4日

第5回つな×つなさやまは、狭山市駅西口の市民交流センター内中央公民館第1ホールにて開催しました。行政提案型協働事業としては最後のつな×つなでした。
「第5回つな×つなさやま」のチラシは、以下からpdfファイルでご覧いただけます。

第5回つな×つなさやま概要

テーマ

【家族】”「家族」という言葉について、辞書のように書き表すとしたら何と書く?””私たちが家族のためにしたいこと・できることは何ですか?”

日時

2016年10月22日(土曜日)15時から17時30分(14時30分開場)

ファシリテーター

一般社団法人ISP代表理事山ノ内凜太郎氏
(東京都杉並区を拠点に「杉並区ワールドカフェ・サロン”100とも”」を主催すること200回以上。対話をキーワードに、人のつながりの創出、まちづくり活動に精力的に取り組んでいる)

会場

狭山市立中央公民館第1ホール(狭山市入間川1丁目3番1号)

参加人数

42名

主催

SayamaSecondStage(3S)

内容

項目 内容

開会
15時から15時15分

協働自治推進課から「つな×つなさやま」についての説明
グランドルールとゴールの説明

サプライズゲスト(小谷野剛狭山市長)の登場

アイスブレイク
15時15分から15時45分

ハイタッチ自己紹介
共通点探し

テーマ発表・ラウンド
15時45分から17時

テーマ「家族」
(1)「家族」という言葉について、辞書のように書き表すとしたら何と書く?
席替え
(2)「家族」という言葉について、辞書のように書き表すとしたら何と書く?
席替え
(3)私たちが家族のためにしたいこと・できることは何ですか?

ふりかえり
17時から17時20分

気付き・アイディア・行動宣言を付箋に書き、ホワイトボードへ貼り出していく

閉会
17時20分から17時30分

アンケート記入

レポート

今回の第5回つな×つなさやまは、お子様を含めると、過去最多となる58名もの方が来場されました。また、サプライズゲストとして小谷野剛狭山市長も参加しました。開会後、参加者の緊張をほぐし対話を活性化させるため、アイスブレイクのハイタッチ自己紹介と共通点探しから始まりました。

今回の提案者はサプライズゲストである小谷野市長でした。そして、小谷野市長が提案したテーマは「家族」でした。第1、第2ラウンドでは家族という馴染み深いものについて改めて深く考え、第3ラウンドではその家族に対して自分自身に何ができるかを考えました。

ふりかえりとして「感想」、「気付き・アイディア」、「行動宣言」について付箋に書き、子ども達の描いたイラストへ貼り出していきました。その後、想いを共有する時間を設けました。学生、主婦の方が積極的に前へ出て行動宣言などを語りました。そして、行政提案型協働事業として最後のつな×つなさやまは、小谷野市長のふりかえりによって幕を閉じました。

これまでの5回のつな×つなさやまを通じて、狭山市に対する多くの想いや願いを聞くことができました。この場で得たものを狭山市の更なる発展へと”つな”いでいきたいと思います。なお、行政提案型協働事業としてのつな×つなさやまは終了しましたが、今後のつな×つなさやまも「安心・安全なおしゃべりの場」というコンセプトはそのままに、人と人とがつながることを目的として開催していきます。誰かとつながりたい方、狭山市に興味のある方、狭山市のことが好きな方、またの参加をお待ちしております。

第5回つな×つなさやま(facebookページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。第5回つな×つなさやま

第5回つな×つなさやま(facebookページ)(新規ウィンドウを開きます)

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

市民部 協働自治推進課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。