このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 市政 の中の 市役所・市の紹介 の中の 統計 の中の あなたも統計調査員になりませんか? のページです。
本文ここから

あなたも統計調査員になりませんか?

更新:2017年8月3日

統計調査員をご存じですか?
市内の事業所や世帯に赴き、各種国の施策の基礎資料となる調査票を配布、回収する仕事を行っていただく方のことを統計調査員と呼びます。
その中でも、国の重要な統計などを行っていただく方を登録調査員という名称で登録しています。
あなたも登録調査員になって、調査員として活躍してみませんか?

統計調査員を希望される方

下記申請書に必要事項をご記入したうえで市役所3階にある総務課までお越しください。
簡単に内容の説明と質問をさせていただいたのちに登録をさせていただきます。

調査員の条件

1.20歳以上の方
年齢の上限はありません。健康で調査に積極的に取り組んでいただける方を募集しています。
2.調査上の秘密保持を厳守していただける方
調査員は調査時には臨時の国家公務員になり、守秘義務が発生します。
また、統計情報は他に利用してはならないと統計法で定められております。
3.税務、警察、選挙等に直接関係のない方
4.暴力団・暴力団員と密接な関係がないこと

統計調査員の仕事

調査員の仕事内容は調査によって異なりますが、下記が代表的な調査の流れです。
1.市より調査に関する従事意志の確認がご自宅に届きます。
2.調査に従事いただくと回答いただいた場合は、説明会日程の連絡が来ます。
3.市で行う統計調査員事務打合せ会(説明会)に出席します。
4.調査に使う用品の確認や調査区の確認をします。
5.調査票を調査客体に配ります。
6.調査期日以後に客体から調査票を回収します。
7.すべてそろったら市に提出します。
なお、調査員には報酬が出ますが、不定期に調査に従事していただくことになります。
そのため、安定した収入やアルバイトとして統計調査員を考えている方はご遠慮いただければと思います。
また、報酬の金額は調査によって異なっており、統一された基準はございませんのでご了承ください。

統計調査にどのような種類があるのか?

1.国勢調査

5年に1度行われる調査で、日本に住むすべての人が対象であることからもっとも有名な調査です。
調査としての歴史も一番古く、2020年の調査で100年目を迎えます。
調査内容は世帯に関するものがメインとなっており、各種行政施策だけではなく、多くのところで使われるデータになります。
ちなみに10年ごとに大規模調査と呼ばれるものになり、通常より調査の項目が増えているものになります。
2015年に実施された調査では初めてインターネットでの回答が可能となり、約40%の方がインターネットでご回答いただきました。
狭山市でも1100以上の調査区があり、数百名もの調査員や指導員に従事いただきました。

2.住宅・土地統計調査

5年に1度行われる調査で、住宅と土地に係る大規模な調査です。
全国のすべての世帯が対象となる調査ではありませんが、多くの世帯において調査票をご記入いただきます。
調査項目が多岐に渡っており、調査結果は多様化する居住の形態から経済状況などの状況もわかることから、さまざまな行政施策に利用されています。
次回は2018年を予定しています。狭山市では200以上の調査区、70名近くの調査員が従事します。

3.経済センサス(活動調査、基礎調査)

経済センサスはすべての経済活動を営む事業所が対象となる”事業所版国勢調査”です。
事業所を把握する『基礎調査』と、事業所の活動状況を把握する『活動調査』の2種類があり、
各々が5年に1度実施されています。
経済センサスは事業所に対して行われる調査であるため、あまり知名度が高くない調査になりますが、
現在の景気や経済状況を確認する極めて重要な調査であることから、事業所や経済界等からの注目度は高い調査になります。
狭山市でも、4000近くの事業所があります。
次回は、2019年に経済センサス-基礎調査が予定されています。


4.その他調査

学校基本調査(毎年度/すべての学校が対象/生徒数や学級数などを調査/調査員なし)
工業統計調査(毎年度/すべての製造業事業所が対象/製造業の実態を調査/調査員10名程度)
全国消費実態調査(5年に1度/全国56400世帯が対象/家計簿をつけてもらい家計の実態を調査/調査員10名程度)
農林業センサス(5年に1度/すべての農業を営む方が対象/耕作面積など農業に係る実態を調査/調査員50名程度)
就業構造基本調査(5年に1度/全国52万世帯が対象/現在や過去の就業に係る実態を調査/調査員20名程度)
など、さまざまな調査が統計調査員によって支えられています。

問い合わせ

総務部 総務課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。