このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 市政 の中の 東京2020オリンピック・パラリンピック の中の 大会を契機としたスポーツの振興 の中の 「柏原子ども教室はらっこ」でタグラグビー体験教室を実施しました のページです。
本文ここから

「柏原子ども教室はらっこ」でタグラグビー体験教室を実施しました

更新:2018年2月26日

2018年2月9日(金曜日)、地域子ども教室を運営する「柏原子ども教室はらっこ」のプログラムとして、狭山市にホームタウンを構えるラグビーチーム“セコムラガッツ”の協力のもと、タグラグビー体験教室を実施しました。
タグラグビーは、タックルの代わりに腰につけたタグ(リボン)を奪って相手の攻撃を阻止するなど、接触プレーがないので、子どもや初心者でも安全に楽しむことができるスポーツです。
当日参加した柏原小学校在校の1年生から5年生までの30名と、急遽“飛び入り”参加の小谷野市長も、セコムラガッツの9名の選手によるコーチングを受けながら、タグの取り方やボールを使ったゲームに楽しみながら汗を流しました。

  • ウォーミングアップ画像1ウォーミングアップでランニング

  • ウォーミングアップ画像2ケガをしないようにしっかりと準備運動

  • ボール回しゲーム画像チームに分かれてボール送り競争

  • タグ取り付け画像ボールにも慣れてきたら、タグを装着!

  • タグ取り画像1二人一組でタグ取りの練習

  • タグ取り画像2ラガッツ選手からもタグを取るぞ!

  • パスゲーム画像ボールを取られないようにパス回し

  • ランニングゲーム画像タグを取られないように間をすり抜けろ!

大迫力!セコムラガッツ選手によるラグビーのデモンストレーション

ゲームで楽しく汗を流した後は、セコムラガッツ選手によるラグビーのデモンストレーション。体育館の両端から、児童たちの頭上を通るロングパスや高く持ち上げるラインアウト、力強いタックルなど、普段では感じることができない迫力を間近で体感し、その後は、感じるだけではなく、実際にラインアウトとタックルを全員が体験しました。
参加した児童からは「今までで一番楽しいスポーツだった」、「またタグラグビー体験教室があれば絶対参加する」、「ラグビーチームに入りたいと思った」、「セコムラガッツの選手が優しくて本当に楽しかった」などの大満足の声が上がりました。

  • ラインアウトデモンストレーション画像見上げるくらいの高さに驚きです

  • タックル体験画像ラガッツ選手に向かって思いっきりタックル!

  • ラインアウト体験画像想像した以上の・・・怖いくらいの高さ!

  • 全員集合画像最後は全員で記念撮影

関連情報

問い合わせ

総合政策部 政策企画課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。