このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

消費生活情報

水道管の修理が必要になったら

悪質な訪問業者に注意してください!


寒い日が続き、水道管が凍結・破損する恐れがあります。もし、水道管が破損してしまった場合は、以下の点に注意してください。


1.事前に希望する工事の内容や、現地の状況について、水道工事店に十分説明してください
2.なるべく、複数の水道工事店から見積書を取り、内容を検討してください
※見積もりが有料となる場合もあるので、事前に水道工事店へ確認してください
3.工事が始まる前に「工事の内容・費用・アフターサービス」などについて、水道工事店より十分な説明を受けてください

「無料であげます」のお誘いに注意

SF商法(催眠商法)に気を付けてください!


SF商法(催眠商法)とは、会場(空き店舗やビルの一室など)で商品説明会や安売りセールを名目に人を集め、初めのうちは欲しい人に手をあげさせ、日用品や食料品を無料又は安価で配り、「もらわないと損だ」という心理にさせ、閉め切った会場内を熱狂的な雰囲気に盛り上げ、会場の雰囲気を一種の催眠状態に作り上げた後、高額な商品(市価より高額)を買わせようとする商法です。
このSF商法は、高齢者からの相談が圧倒的に多いのが特徴です。会場には客を装った悪質業者側のサクラがいる場合もあります。
中には、老後の資金を崩してまで商品を購入する高齢者の例もありますので、家族や周囲の人々の気付きも大切です。


◆アドバイス◆
1.締め切られ、自由に出入りが出来ない会場へは、安易に近づかないようにしましょう
2.色々な商品を無料でもらった後だから、何か買わなければいけないということは決してありません。雰囲気に惑わされないようにしましょう


少しでも疑問や不安を感じたら、消費生活センターにご相談ください!
なお、情報提供も受け付けています
狭山市の消費生活相談窓口は  こちらをクリック

架空請求ハガキに注意

「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達管理センター」からの架空請求はがきは無視してください!


「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達管理センター」から、はがきが届いても、決して相手に連絡せず、支払わずに無視してください。困ったり、不安を感じたりした場合は、すぐに消費生活センター(相談専用電話04-2954-7799)に相談してください。


「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達管理センター」と名乗る機関から、はがきが届いたという相談が急増しています。過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、それに関して「運営会社から裁判所に訴状が提出された」「給与、動産、不動産物の差し押さえ」などの文面で消費者を不安にさせ、差出人へ相談するよう誘導しています。これは、問合せをしてくる人を狙って、お金をだまし取ろうとする手口です。
身に覚えのない機関からの請求は、絶対に支払わず、無視してください。
また、電話をかけると、相手に電話番号などの個人情報を教えることになりますので、絶対連絡しないでください。

消費者情報

くらしの移動教室

消費生活センターでは、トラブルの未然防止と早期解決を図るため、市内学校・PTA・老人クラブ・地域団体などへ講師を派遣する出前講座を実施しています。

啓発用DVDの貸し出し

悪質商法に対する啓発用DVDの貸し出しを行っています。貸し出しの受け付けは、月曜日~金曜日の9時~16時30分までです。

リンク

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。