このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

水富親子講座「はっぴー」

更新:2017年9月19日

すっかり定着して3年目に突入した水富親子講座「はっぴー」。2017年度は19組の親子の登録でスタートしました。毎月第3火曜日(6月は第2火曜日、8月は第4火曜日)に開催中!
内容にも変化を加え、現代の事情に寄り添うテーマを加えて学びとしての側面を強化しました。同世代の交流、スタッフとの世代間交流、そして子どもには幼児期に必要な体験をしてもらい、3歳を過ぎたら保育園や幼稚園へ巣立っていく、親子にとって期間限定の講座となっています。
そして、小学校へ入学したら、「WAKU☆DOKIはっぴー」へ戻ってきて「遊び」「学び」「食」を共に体験できるように事業展開しています。
「はっぴー」は、地域として継続可能な交流を構築する基礎となった事業でもあります。

第5回(9月19日):「しつけ」って何?・ことば遊び

まだまだ夏の日差しが残る2017年9月19日火曜日の第5回はっぴーは、グループワークで「しつけ」について学び、体験として「ことば遊び」を行いました。毎回お馴染みの童謡、リトミック、読み聞かせもありました。
グループ内で自由に「しつけ」について意見交換をして、食事面やおともだちとの関係、生活習慣についての内容など、活発に悩みやしつけの実践方法などについて話し合い、ほめ方や叱り方のポイントや「しつけ」をとおして子どもに伝えてほしいメッセージ内容とその伝え方を学びました。
体験では、2文字、3文字、4文字と一文字ずつ増やしていき、リズムに合わせて表示の絵に合わせた単語を大きな声で発声していきました。
読み聞かせでは、布芝居を使って読み手が聞き手に問いかける参加型にして、子どもと一緒にママも楽しく参加できました。
リトミックは、毎回ドレミの歌で行っているため、だいぶ慣れてきてスムーズに踊れる参加者が増えてきました。
自由交流の時間は、グループワークの時間と同じような座り方から隣同士での会話や親子でのふれあいの時間、スタッフとの世代間交流など、縦・横・ナナメ、縦横無尽な交流が図られました。

  • 童謡を歌いながら踊っている画像7月に歌ったキラキラ星の復習からスタート!

  • グループワークの画像しつけで気をつけていることは?

  • はっぴーはうすの画像絵の具でカラフルに塗られてグレードアップした「はっぴーはうす」

  • 話し合いの画像グループ内でいろいろな話題が飛び出てきます!

  • しつけのポイントを解説している画像しつけをとおして子どもに伝えたいこととは何か?を解説しています

  • 犬の絵を見せている画像犬の絵を出して・・・

  • 絵にかいてあるものを大きな声で言っている画像「い、い、い、い、い~ぬ!」大きな声でリズム良く答えます

  • 読み聞かせ始まりの画像読み聞かせを準備していると寄ってくる子どもたち・・・

  • 布芝居を真剣に聞いている画像絵に隠れた答えを探しながら真剣に絵を見ます

  • 答えを指差している画像どこに隠れているか、答えを指差します・・・正解!

  • リトミックの画像動きがとてもスムーズになりました!リトミック

  • ママさん同士の交流の画像お楽しみの交流タイム!ママさん同士で・・・

  • スタッフと交流している画像スタッフと交流したり・・・

  • 親子で交流している画像親子の空間を作ったり・・・

  • 子育て関連事業の紹介をしている画像これから開催される子育て関連事業も紹介

第4回(8月22日):オリジナル絵皿づくり

連日の雨天から、この日に照準を合わせたかのように好天に恵まれた第4回はっぴーでは、夏休み期間の特別企画として地域小学生のお兄さんお姉さんと一緒に「オリジナル絵皿づくり体験」を実施しました。
昨年度もお世話になった越生町の陶芸家の竹内晴美先生を講師として、小学生は自分たちで模様や絵、文字など、思い思いの図柄を描き、はっぴー参加者は、ママが絵を描いたり、我が子の手型・足型を取ったり、子ども画伯に筆を持たせて自由に芸術的な模様を描かせたり、オンリーワンの作品が多数作成されました。
出来上がった作品は、後日先生が窯焼きして夏休みが終わる前に返却されます。

  • 受付の画像受付は1階ロビーでした

  • 行列の画像玄関を越えて外まで続く行列

  • 今日の説明をしている画像今日の流れを説明

  • 講師の画像講師は家庭教育アドバイザーで陶芸家の竹内先生

  • 講師の説明を聞いている画像絵の具や筆、絵の描き方などの説明を聞きます

  • 絵の具を配っている画像筆と絵の具を配って作業準備

  • 高学年に向けて説明している画像高学年は別室で集中して作業していきます

  • はっぴー親子で作業している画像また別の部屋では「はっぴー」参加者が作業をスタート

  • 作業の様子の画像1はじめに下面に名前と日付を書き入れます

  • 皿に絵を描いている画像悩みつつ絵を描いていきます

  • 親子で作業している画像親子で一緒に描いたり

  • おかあさんが作業している画像おかあさんが一生懸命描いたり

  • 子どもが描いている画像子どもが描いたり、ひとりひとり全然違う作品が作られていきます

  • 絵の具を追加している画像絵の具の色を追加したり、筆の太さを変えて作風に幅を持たせる!

  • 完成間近の画像もうちょっとで完成しそう

  • はっぴーはうすの画像はっぴーはうすもひっそりと登場

  • はっぴーはうすに絵を描いている画像小さな画伯がはっぴーはうすを素敵にします

第3回(7月18日):スマホ時代の子育て第2章・スキンシップ遊び

朝から気温上昇が著しい夏本番まっしぐらの季節に第3回はっぴーが開催されました。
新しいメンバーもお互いに慣れてきて楽しげな雰囲気漂う中、前回に引き続き幼児とスマホに関する内容でグループワークを行いました。子育てのイライラと喜び、親子での活動を踏まえ、スマホ子守りの実態や子育てにスマホを利用することの悪影響だけでなく、上手なスマホの使い方など、スマホの賢い使い方を学びました。参加した保護者にとって非常に気になる内容だったようで、前のめりで真剣に話を聞くママさんの姿が印象的でした。
体験では親子で行うスキンシップ体操、きらきら星体操で、自分の子どもをやさしくマッサージ。ママになでなでされて喜ぶ子どもの笑い声が心地よく響きました。
毎回実施している読み聞かせやリトミック体操でも子どもたちのあらゆる可能性が垣間見えつつ、ママさん同士やスタッフとの楽しい交流タイムを過ごして終了しました。

  • 童謡を歌っている画像季節に合わせて童謡「きらきら星」を歌ってスタート

  • グループワークの画像スマホの使い方、ほかの家庭ではどうしてるの?

  • はっぴーの家の画像子どもたちが入れ替わり立ち代わり出入りする「ホワイトハウス」毎月登場しますよ~

  • グループワークの内容をまとめている画像いろいろ出た意見をまとめて適切なスマホの使い方をレクチャー

  • 親子スキンシップの説明をしている画像難しい話の後は親子のふれあいの時間!スキンシップ体操をスタッフが説明

  • マッサージが気持ちよさそうな子どもの画像子どもたちは気持ちよさそうで、ママも優しい笑顔がこぼれます

  • 音楽に合わせてマッサージをしている画像童謡に合わせて親子のふれあいマッサージ

  • 大きな絵本で読み聞かせをしている画像毎回お楽しみの大きな絵本の始まり~

  • 絵本を親子で聞いている画像マッサージで親子の絆を深めた後に絵本に穏やかな気持ちで聞き入ります

  • リトミックの画像絵本を聞きながら一休みした後はリトミックで元気に踊る!

  • 元気に踊っている画像全身を使って元気に踊ります

  • お茶とお菓子を配っている画像踊り疲れた身体にお茶菓子を、そして交流タイムへ

  • 参加者同士で話をしている画像ママさん同士で話が弾む

  • 輪になって話をしている画像グループワークのメンバーで輪になってお話

  • スタッフとママさんが話をしている画像スタッフとママさんも交流して仲良く!

第2回(6月13日):スマホ時代の子育て第1章・縄、箱遊び

梅雨入りして小雨が降ったり止んだりする中で第2回はっぴーが開催されました。
歴代水富連合自治会長の写真が見守る水富地区自治会館で、普段とは一味違う雰囲気の中、現代的課題であるスマホ(スマートフォン)と子どもの関わり方について子育てへの影響や心配なことなどをグループワークで話し合いました。徐々に解明されてきたスマホやタブレット(タブレット)端末を子どもが使用することでの脳に与える影響などを学びながら、ついつい育児の中でスマホやタブレットを使用してしまう事例や上手な使い方でスマホ等を有効活用するコツを教わりました。
体験活動では、スタッフ力作の箱の上で飛び跳ねたり、箱のトンネルをくぐったり、縄(ロープ)を使ってジャンプしたり、体中を使って元気に遊びました。大人も一緒にハイハイでの前進をしてみたら、その運動量の多さに息切れする大人が続出し、休憩しながら読み聞かせに入りました。
一息ついた後はリトミック体操で元気に踊って、お楽しみの交流会。親子の交流、ママさん同士の交流、世代を超えたスタッフとの交流など、さまざまな形での対話が生まれました。

  • 総合子育て支援センター職員の画像狭山市総合子育て支援センター職員も応援に!

  • 童謡を歌いながら踊っている画像童謡を歌ってジメジメの露払い

  • デコレートされたはっぴーの家の画像はっぴーの家が少しデコレートされて登場しました!

  • 歴代自治会長の飾られている会場の写真歴代水富連合自治会長が見守る中で親と子のための話し合い

  • グループワークの画像スマホ使用の話を真剣に!

  • はっぴーの家の周りで遊んでいる子どもの画像庭付き一戸建ての敷地で遊んでいるかのような構図!?

  • 資料を使ってスマホの講義をしている画像各種データをまとめた資料を使ってスマホの講義

  • 箱やロープを使って遊んでいる画像箱やロープを並べて飛んだり跳ねたりくぐったり・・・

  • みんなではいはいしている画像大人の体力を奪う「はいはい」、子どもの体力はすごい!

  • 大きな絵本を読んでいる画像一息入れながら絵本の読み聞かせ

  • おとなしく読み聞かせを聞いている子どもの画像おとなしく読み聞かせを聞いていますが・・・

  • 絵本に夢中で前に出る子どもの画像元気が回復し絵本に歩み寄る子どもたち

  • リトミック体操の画像1音楽に合わせて踊ります

  • リトミック体操の画像2元気にリトミック体操

  • 親子でふれあいの画像交流タイムは親子でふれあったり

  • 親同士、スタッフと交流している画像親同士、スタッフとの世代を超えた交流も!

  • メダルを授与している画像一生懸命遊んだ子どもたちへメダルを授与!

  • 終わりのあいさつをしている画像また次回会いましょう「さようなら」

第1回(5月16日):親子でこんにちは・ネームプレート作成

新メンバーでスタートする第1回は、打ち解けて今後の講座への参加が楽しみになるように、お互いのことを知ることに重点を置いたグループワークと、初参加の記念に体験としてネームプレートを作成しました。
その他、童謡とリトミック、読み聞かせは、子どもの情緒や親の感情の安定、語彙力の向上、リズム感の習得による運動能力の発達など、親と子への良い影響が多方面に広がることから毎回実施していきます。
新しく「はっぴーハウス」も登場し、大はしゃぎの子どもたちの姿も印象的でした。

  • 会長あいさつの画像始めに笠松代表からあいさつと事業説明

  • 館長あいさつの画像続いて水富公民館長からあいさつ

  • グループワークの内容を説明している画像グループワークの進め方を説明してからスタートします!

  • グループワークの画像月齢の近い子でグループに分かれ自己紹介から始まり

  • 話し合いの画像出産時の想い出や我が子との生活などの情報交換に発展!

  • ホワイトハウスの画像今年度新登場の真っ白な家!今後「はっぴー」な色付けをしてどう変わるかをお楽しみに!

  • ネームプレート作成の説明をしている画像ネームプレートの作成の前に作業の要点を説明します

  • 大人の作業中の画像大人が・・・

  • 子どもの作業中の画像子どもが・・・

  • 親子で作業中の画像親子一緒で、十人十色で作業を進めていきます!

  • おもちゃを片づけている画像次のプログラムの準備のため、みんなでお片づけ

  • 読み聞かせの画像絵本読み聞かせの始まり~

  • おとなしく聞いている画像疲れてきたのかおとなしくストーリーを聞きます

  • リトミックの画像一休みして元気になったところでリトミックで元気爆発!!

  • 語らいの時間の画像1自由交流の時間は親子で・・・

  • 語らいの時間の画像2ママ同士で・・・

  • 語らいの時間の画像3世代を超えて語らいました!

  • さようならのあいさつの画像また次回、さようなら

問い合わせ

生涯学習部 水富公民館 組織詳細へ
狭山市根岸2丁目17番13号
電話:04-2954-4730
FAX:04-2954-7885

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。