このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 施設案内 の中の 地区センター・公民館・集会所など の中の 水富公民館 の中の 事業報告(水富公民館) の中の 昨年度事業報告 の中の 環境にやさしいライフスタイル講座「アダムジャパンを見学に行こう」 のページです。
本文ここから

環境にやさしいライフスタイル講座「アダムジャパンを見学に行こう」

更新:2018年9月15日

2018年9月9日日曜日に、狭山が誇る世界的企業である株式会社アダムジャパンの環境への取り組みを知り、ビリヤードの世界の見識を深め、実際にビリヤードを体験するという一粒で三度おいしい講座を開催しました。
午前と午後の二部制で、総勢45名の参加者がありました。
当講座は、環境にやさしいライフスタイル講座の一環として、NPO法人さやま環境市民ネットワーク、狭山市社会教育課、狭山市環境課、水富・広瀬・柏原公民館の共催で開催しました。
アンケート結果から、この講座がアダムジャパンという企業を知るきっかけになったこと、環境配慮の取り組みへの理解を深めて狭山市にある企業への誇りを感じていただけたこと、ビリヤード体験によりその楽しさを知ったり、プロの技を見て単純に驚く子どもの純真さなど、単なる企業見学の枠を超えて意義のある総合講座となった手応えを感じました。
今後も参加者にとって新たな発見、驚き、感動を与えるような講座を実施していきたいと決意を新たに思いました。

当日の様子

開会から座学

アダムジャパンとは、ビリヤードの道具である棒(キュースティックという)を生産している会社で、プロのプレイヤーの注文に合わせてプレイヤーの唯一無二の一本を職人がその技術や経験、その能力のすべてををつぎ込んで作り上げています。その品質の高さと絶対的信頼関係から世界で圧倒的シェアを誇っています。また、スポーツや文化としてビリヤードの普及活動にも力を入れており、当講座を始め、地域貢献にも積極的に取り組んでいます。
講座の前半では、アダムジャパンの関根沙織社長自らの講義により、多くの方にとって未知の分野であるキュースティックの製造過程を学ぶとともに、その過程における環境配慮の取り組みを学びました。

  • 建物入り口の画像重厚な雰囲気のある会社入り口、未知の世界へ足を踏み入れます

  • 水富公民館長あいさつの画像代表して水富公民館長があいさつ

  • NPO法人からのあいさつNPO法人担当からあいさつ

  • 講師陣の画像本日の先生たち

  • 座学の時間の画像企業の環境配慮の姿勢とビリヤードの世界に触れる

「衝く!弾く!入れる!」ビリヤード体験

講座の後半では、実際にビリヤードの世界に触れました。
アダムジャパンが誇る2名のプロビリヤードプレイヤーによる指導で、基本的な構えから突き方まで分かりやすく丁寧に教えていただきました。ショットを打つ時の集中力や力の入れ方、入射角や反射角の計算など力学的要素も考慮して進める知的ゲームでもあるビリヤードを小学生から大人まで、真剣に楽しみました。
最後にプロによる曲球ショットのデモンストレーションが行われ、ありえない球の動きと正確無比なショットの数々に、参加者の手品をみているような驚きと大きな拍手が沸き起こりました。
子どもとともに参加していたお父さんが、プロがセットした曲球を経験者の如く綺麗に決めて、照れくさそうな、でも誇らしげな姿とここ一番でしっかりと決める親の姿に憧れを抱いているように見えた子どもの姿が印象的でした。

  • ビリヤードの衝き方を実演している画像始めに球の衝き方をプロが実演

  • ブリッジの形の作り方を教えている画像ビリヤードの構えの肝となるブリッジの作り方を学びました

  • 構え方を教えている画像キューの構え方をプロと一緒に!

  • 赤ちゃんを抱きながらビリヤードをしている画像赤ちゃんと一緒でも楽しめます

  • 曲球の画像この後、球が飛びます!

  • お父さんが曲球に挑戦している画像お父さんの曲球体験!構え方がプロのよう・・・

  • 午前の部の参加者の画像午前の部の参加者全員で記念撮影

  • 午後の部の参加者の画像午後の部の参加者全員で記念撮影

  • アンケートを記入している画像貴重な体験なのでアンケートをいただきました

問い合わせ

生涯学習部 水富公民館 組織詳細へ
狭山市根岸2丁目17番13号
電話:04-2954-4730
FAX:04-2954-7885

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。