このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

2018残しておきたい狭山の風景めぐりを開催しました

更新:2018年12月4日

地域で埋もれている伝統や風景などの価値を掘りおこし、未来のまちづくりに活かすとともに郷土愛を深めることを目的とした事業で、4年目を迎えました。2018年は東広瀬エリアを巡り、水富の魅力に触れました。
2018年の隠れたテーマは「過去と未来の融合の地」。太古の竪穴式住居から平成の時代に建設された近代的遊歩橋を撮影ポイントに選定しました。
池原先生の作品の中で、水富地区が描かれている場所や地域の見所を実際に訪れて、写真撮影しました。
作品に描かれた場所以外でも、水富地区には写真愛好家の心を刺激する風景がまだまだ埋もれていて、秋が深まり冬に季節変わりし始めた寒さの中、まだ随所に見られる紅葉に秋の名残を感じながら歩を進めました。
なお、撮影した作品は、2019年1月中に水富公民館と広瀬公民館にて順次展示します。

当日の記録

現地探訪と写真撮影の様子

今回は東西に広がる水富地区のうち、柏原寄りの東側が撮影スポットとなっていたため、広瀬公民館を集合解散場所として設定し、現地めぐりと撮影を開始しました。道中の安全確保のため、自動車交通量の少ない道や歩道が整備されている大通り,、住宅街をルートとし、撮影ポイントの合間は陽の暖かさを感じながら静かに歩きました。
今回の撮影では、奥州道交差点付近の「影隠し地蔵」から始まり、「今宿遺跡」「虹の遊歩橋」「広瀬台虹の橋公園」と全部で4つのポイントを巡りました。
「撮影地以外にも被写体となり得る素材は多々ある。」という参加者からの声も聞こえて、どんな作品が公民館のロビーに並ぶのか今から楽しみです。

  • 朝のあいさつの画像広瀬公民館1階ロビーにて本日の流れや注意点を説明

  • 広瀬公民館を出発する画像しっかり信号を守って職員の先導で出発

  • はじめの撮影ポイントに到着した画像はじめの撮影ポイントに到着!撮影スタート

  • 今宿遺跡の撮影をしている画像被写体が映える撮影場所を探索

  • 今宿遺跡を正面から撮影している画像遺跡正面から撮影してみると当時の情景が想い描ける・・・

  • 第3の撮影スポットである虹の遊歩橋に到着した画像現代的なオブジェが登場「虹の遊歩橋」

  • 遊歩橋本体に登っている画像虹の遊歩橋の上からの景色を眺め端の内部を撮影

  • 虹の橋公園の高台から虹の遊歩橋を望む画像最後の撮影ポイントの広瀬台虹の橋公園の丘の上からの風景に感動

  • 公園全体の画像丘の上から望む公園内の広大な敷地

  • 公園の丘を眺める位置からの画像巨大な丘はまるで古墳のよう・・・

  • 広瀬公民館への帰路についている画像安全なルートを選んで移動・・・広瀬公民館へ戻ります

  • 本日の終わりのあいさつをしている画像寒い中参加いただきありがとうございました!

問い合わせ

生涯学習部 水富公民館 組織詳細へ
狭山市根岸2丁目17番13号
電話:04-2954-4730
FAX:04-2954-7885

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。