Q.法人市民税について、新型コロナウイルス感染症の影響による申告期限の延長及び納付期限の延長について教えてください。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月8日

A.回答

申告・納付の期限延長

新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえ、やむを得ない理由で法人市民税の申告・納付ができない場合には、申請をすることで申告・納付の期限延長が認められます。
この「やむを得ない理由」については、例えば、法人の役員や従業員等が新型コロナウイルス感染症に感染したようなケースや株主総会の開催を延期したケースだけでなく、次のような方々がいることにより通常の業務体制が維持できないことや、事業活動を縮小せざるを得ないこと、取引先や関係会社においても感染症による影響が生じていることなどにより決算作業が間に合わず、期限までに申告が困難なケースなども該当することになります。

  1. 体調不良により外出を控えている方がいること
  2. 平日の在宅勤務を要請している自治体にお住いの方がいること
  3. 感染拡大防止のため企業の勧奨により在宅勤務等をしている方がいること
  4. 感染拡大防止のため外出を控えている方がいること

申請の方法

法人市民税の申告・納付の期限延長の申請方法は、所管の税務署に提出した法人税に係る「災害による申告、納付等の期限延長申請書」の写しを法人市民税申告書に添付するか、申告書の余白に次の内容を付記してください。なお、この場合の申告期限及び納付期限は、原則として申告書の提出日となりますのでご注意ください。

  1. 申告・納付等の期限延長を申請する旨
  2. 新型コロナウイルス感染症に関連して申告・納付等を行うことが出来ない具体的な事実

関連情報

このページに関するお問い合わせは
総務部 市民税課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。