Q.障害者控除はどのような場合に受けられますか。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2013年4月24日

A.回答

納税義務者本人や控除対象配偶者、扶養親族が障害者である場合は、障害者控除が受けられます。障害者とは、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳の交付を受けているなどの方です。
障害者控除の控除額は26万円です。特別障害者(重度の障害がある人)の場合は30万円になります。なお、障害のある方で、前年の所得が125万円以下の方は非課税です。
税控除の担当課は、市民税課になります。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
福祉こども部 障害者福祉課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。