Q.外国人が国民年金に加入・脱退する場合の手続きについて教えてください。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年4月23日

A.回答

加入手続き、脱退手続きは次のとおりです。
<加入手続き>
1.外国人の方で、日本に住所を有し、厚生年金・共済年金に加入していない20歳以上60歳未満の方は、保険年金課に加入届を出してください。
2.厚生年金・共済年金加入者の被扶養配偶者となる方の加入手続きは、配偶者の勤務先を通じて行いますので、勤務先にご相談ください。
被扶養配偶者でなくなった場合は、第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更手続きをしてください。種別変更手続きには、「年金手帳」「資格喪失証明書」が必要です。
3.厚生年金、共済年金を脱退した場合は、加入届が必要です。年金手帳、在留カード、特別永住者証明書、パスポート、資格喪失日のわかるもの(離職票、資格喪失証明書、退職証明書)を持参してください。
-注意事項-
加入後に他の市区町村に住所が変わったときは、新しい住所地で住所変更の届出が必要です。
<脱退手続き>
国民年金加入後に、会社などに勤務することになったときは、年金手帳を添えて会社に届け出てください。
《問い合わせ先》
狭山市役所保険年金課 内線1057
所沢年金事務所 電話:04-2998-0170

関連情報

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保険年金課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。