インフルエンザに注意しましょう

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年10月13日

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによりかかる流行性の病気です。
お子さんや高齢の方、免疫力の低下している方などは重症になることがあります。予防と早めの受診が大切です。

インフルエンザを予防するために

流行前に予防接種をしましょう

インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化予防に有効と報告されています。
予防接種による効果が出るまでに2週間程度かかりますので、接種を希望される方は、流行する前に接種することをお勧めします。

  • 高齢者(65歳以上)インフルエンザ予防接種についてはこちら
  • 妊婦・生後6か月から中学3年生までのインフルエンザ予防接種についてはこちら

手洗いを丁寧にしましょう

外出したあとは、こまめに丁寧に手を洗いましょう。せっけんやハンドソープを使って、手のひらから手の甲、指の間やつめの間、手首までしっかりと洗い、洗った後は、きれいなタオルなどで十分にふき取りましょう。アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

正しい手の洗い方(厚生労働省)イラスト正しい手の洗い方(厚生労働省)

せきエチケットを忘れずに

せき・くしゃみなどの症状があるときは、きちんとマスクをしましょう。
とっさに出そうなときは、他の人から顔をそらして、ティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。せき・くしゃみを抑えた手、鼻をかんだ手は洗いましょう。

普段からの健康管理も重要です

栄養と睡眠を十分にとり、規則正しい生活をすることで、体力や免疫力を高め、感染しにくい健康状態を保ちましょう。

適度な湿度を保ちましょう

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。乾燥しやすい室内では、加湿器など使って適切な湿度を保ちましょう。

インフルエンザかな?と思いあたる方へ

インフルエンザの症状

目安として、比較的急速に38度以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感や関節の痛みなどを伴う場合には、インフルエンザに感染している可能性があります。
症状が重くなりやすいのは、高齢者や乳幼児、妊娠中の方、慢性閉塞性肺疾患・喘息・慢性心疾患・糖尿病といった持病のある方です。持病のある方は、早めに主治医へ相談しましょう。
※現在は新型コロナウイルス感染症も流行しております。発熱等がある場合には、不要な外出を避け、医療機関を受診する際には、事前に電話相談してから受診いただきますようお願いします。

重症化のサイン
子どものサイン 大人のサイン
けいれんしたり呼びかけにこたえない 呼吸困難、または息切れがある
呼吸が速い、苦しそう 胸の痛みが続いている
顔色が悪い(青白) おう吐や下痢が続いている
おう吐や下痢が続いている 症状が長引いて悪化してきた
症状が長引いて悪化してきた  

このようなサインがあった場合には医療機関を受診してください。

狭山市における休日・夜間の救急医療体制はこちらをご覧ください

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 健康づくり支援課

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2956-8050

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。