認定後サービスを受ける

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年10月9日

 要介護認定で、要支援以上の介護度となった場合、次のサービスが利用できます。
(施設サービスは要支援1・2の方は利用できません。また、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は要支援1の方は利用できません。)

在宅サービス

 在宅での介護サービスです。介護度ごとに1か月間に利用できる上限が設定されています。ケアプラン(介護サービス計画)の作成が必要です。サービス利用者は、サービスに係る費用の一部を支払います(負担割合は収入状況によって異なります)。サービスによっては負担額以外に食材料費、訓練・レクリエーション教材費、利用者嗜好品購入費の実費相当額がかかる場合があります。

  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問リハビリ
  • 通所介護
  • 通所リハビリ
  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護

※上記サービスはすべて予防給付を含みます。

  • 福祉用具貸与

施設サービス

 要介護状態と認定された方が利用できます。
 ※直接施設に申し込んでください。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(療養病床等)
  • 介護医療院

図 施設サービスの種類

その他のサービス

居宅療養管理指導

 医師、歯科医師などが家庭を訪問して、医学的な管理や指導を行います。

特定施設入所者生活介護

 有料老人ホームなどでも、必要な介護を受けることができます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム) ※要支援2以上

 認知症の症状にある高齢者が5人~9人で共同生活をしながら、家庭的な介護が受けられます。

 福祉用具のうち、入浴や排泄にかかるものは、購入費が支給されます。

 手すりの取り付けや段差解消など軽度の改修工事に対して住宅改修費が支給されます。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 長寿安心課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。