狭山市要援護高齢者等支援ネットワーク

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月1日

市では、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯に対する、地域での見守り、支え合いの支援のため、地域の方々や、協力機関、協力事業所とともに、ネットワークづくりを進めています。

狭山市要援護高齢者等支援ネットワークとは

地域の皆さまと市で、日常生活や仕事の中において、高齢者を見守っていく仕組みです。
高齢者の異変の事例として

  • 郵便物や新聞が何日分かたまっている
  • 同じ洗濯物が何日か干してある
  • 今まであいさつをしていた人が、最近あいさつをしても返事をしてくれなくなった
  • 以前より痩せてきた、顔色が悪い
  • 怪しい業者がたびたび来ている等

このような場合は、地域包括支援センターまたは市に連絡してください

ネットワークイメージ図

気になる高齢者の相談はお近くの地域包括支援センター

高齢者が住み慣れた地域で安心して生活ができるよう、総合的な相談・支援を行う機関です。
連絡を受けた地域包括支援センターには、社会福祉士、主任ケアマネジャー、保健師などの専門的な知識をもった職員が配置されており、訪問などで状況を確認し、関係機関と連携しながら、そのかたに必要なサービスなどの支援を行います。

  1. 入間川・入間川東地域包括支援センター
  2. 富士見・中央地域包括支援センター
  3. 入曽地域包括支援センター
  4. 水野地域包括支援センター
  5. 堀兼・奥富・新狭山地域包括支援センター
  6. 柏原・水富地域包括支援センター
  7. 狭山台地域包括支援センター

の7か所が市内に設置されています

地域包括支援センターの圏域はこちらから

ネットワーク登録団体

地域の皆さまと密接に関係している団体、事業所に登録をお願いしています。

登録は随時受け付けています

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 長寿安心課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。