狭山市オリジナルすこやか体操3

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

ねらい:バランス感覚を鍛えることにより、「転倒・骨折」を予防できるようになる。

バランス運動

1手を横に広げて肘を上に曲げて右足を左足に寄せて両足をそろえて立つ。

2ゆっくりしゃがんで

3両手を横に広げながら立ち上がり右足を上げて左足でバランスをとる。

4手を広げたまま肘を上に曲げて右足を左足に寄せて両足をそろえて立つ。

5上体を左に曲げて左足を横に上げて肘と膝を近づける。

6元の体勢に戻る。

7上体を右に曲げて右足を横に上げて肘と膝を近づける。

8元の体勢に戻る。

片側が終わったら、次に反対側の手足で同じ動作を行う。
両側を1セットとして、それを2セット繰り返す。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 健康づくり支援課

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2956-8050

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。