ひとり歩き行動がある高齢者の早期発見と保護のために「安心シール交付事業」を始めます

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年11月9日

認知症などによるひとり歩き(徘徊)行動を抱えている高齢者は、外出して自宅に戻れなくなったり、そのまま行方不明になったり、最悪の場合亡くなられてしまうこともあり、高齢者人口がますます増えていくなかで、大きな社会問題になっています。
このような状況をふまえ、狭山市では、ひとり歩き行動がある高齢者が、行方不明時に早期発見され、無事保護されることを目的とした「ひとり歩き高齢者安心シール交付事業」を2018年12月から開始します。

認知症の人が安心して暮らせるまちづくりを目指して

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 長寿安心課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。