狭山市議会議長 緊急メッセージ(2020年4月1日発表)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月1日

新型コロナウイルス感染症から市民の皆様の大切な命を守るために

 あなたご自身が、あなたの大切な人が、命の危険にさらされています。


 基礎疾患のなかった高齢者が、働き盛りの方が、若者が、命を落としています。子どもたちも感染に苦しんでいます。新型コロナウイルス感染症の脅威に、世界中が苦しめられています。密閉、密集、密接の3密が重ならなくても感染したと疑われる事例も報道されており、大変危険な状況です。


 東京都をはじめ首都圏の各地域においても、新型コロナウイルス感染症患者が爆発的に増加しています。私たちが住む狭山市は、首都圏の各地域と頻繁に人が往来する都市であり、市内において、いつ感染が爆発的に増加しても不思議ではない状況にあります。このような感染リスクのある中で、医療現場の皆様方には、検査や治療などに大変ご尽力をいただいておりますことに、心から感謝を申し上げます。


 今、何よりも優先すべきことは、市民の皆様の大切な命を守ることにつきます。そのためには、市民一人ひとり、すべての方に、不要不急の外出の自粛、感染拡大防止のための手洗い、うがい、マスク着用など、できうる限りのすべての対策をとっていただき、この困難にともに立ち向かっていただくことを、強くお願い申し上げます。
 国や埼玉県からの自粛要請が続く中、市民の皆様には心身ともにご負担をおかけしておりますが、すべては市民一人ひとりの大切な命を守るために、できる限りのことを行っていくべきと思いますので、どうかご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。


 また、デマに惑わされないように、正確な情報の把握に努めるとともに、悪質商法には十分ご注意いただき、日々の行動を冷静かつ慎重にとられますよう、お願い申し上げます。


 なお、市議会においては、「狭山市議会災害対応指針」に準じ、市が新型コロナウイルス感染症対策に全力で専念できるように、最大限の協力、支援をしています。2月から3月に開会しました第1回定例会では、国へ「新型コロナウイルスへの緊急対策を求める意見書」を提出するとともに、一般質問を取りやめる苦渋の決断をいたしました。
 今後も、市民の不安を取り除き、市民が健康で安心した社会生活を送れるように、市と連携しながら、新型コロナウイルス感染症の脅威が消え去るその日まで、議員22名全員が心をひとつにして、感染拡大防止に取り組んでまいります。お気づきの点などございましたら、市議会議員へお声掛けいただければ幸いです。


 
 市民の皆様のさらなるご協力を、よろしくお願い申し上げます。


 狭山市議会議長 加賀谷 勉

このページに関するお問い合わせは
議会事務局

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2955-2396

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。