建築物省エネ法による誘導措置(性能向上計画認定・基準適合認定)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年4月21日

制度の概要

建築物エネルギー消費性能向上計画認定(性能向上計画認定)

新築、増改築及び省エネ改修を行う場合、建築物エネルギー消費性能向上計画を作成し、建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)を超える誘導基準に適合していることの認定(性能向上計画認定)を所管行政庁から受ることにより、容積率の特例等のメリットを受けることができます。
※この認定制度は、工事着手前に認定申請をする必要があります。また、認定を受けた計画の変更(省令で定める軽微な変更を除く)をしようとする場合にも、工事着手前に変更に係る変更認定申請をする必要があります。

建築物のエネルギー消費性能に係る認定(基準適合認定)

既存建築物について、建築物が省エネ基準に適合していることの認定(基準適合認定)を所管行政庁から受けることにより、認定を受けた建築物や広告等に基準適合認定マーク(eマーク)を表示することができます。
※新築の場合は、検査済証交付後に認定を受けることができます。

申請手続き

手続きの主な流れ

(1)登録建築物調査機関または登録住宅性能評価機関(評価機関)による事前の技術審査
性能向上計画認定及び基準適合認定を申請する場合は、認定申請の前に評価機関で技術的基準への適合性についての「事前審査」を受けてください。(評価機関での「事前審査」を受けずに直接、狭山市へ認定申請を提出することも可能ですが、審査の効率化を図るため、「事前審査」を受けていただくよう、ご協力をお願いいたします。)
なお、「事前審査」の手続き等については、下記の各評価機関へお問い合わせください。

  • 登録建築物調査機関
  • 登録住宅性能評価機関

(2)狭山市への認定申請
狭山市役所建築審査課の窓口へ、国土交通省令で定める認定申請書及び添付書類(正・副2部)を提出し申請してください。

認定申請の提出時期

  • 性能向上計画認定 : 工事着工の前まで
  • 基準適合認定 : 工事完成後(検査済証交付後、いつでも可能です。)

認定手数料(PDF形式でご覧いただけます)

申請様式

申請様式は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律施行規則」で定められています。詳しくは、以下の「建築物省エネ法のページ(国土交通省)」をご覧ください。

その他、国が定める以外の様式については、以下からダウンロードしてください。

申請書類

  • 申請書(正・副2部)
  • 申請書に評価機関から交付された技術的基準の「適合証(写し)」を申請書の正本に、「適合証(原本)」を副本に添付してください。

申請手続きを委任する場合は、委任状を添付してください。

提出先

狭山市役所2階 建築審査課

認定後の手続き

変更認定申請

性能向上計画認定を受けた建築物で、計画を変更する場合は変更認定申請の手続きが必要です。

工事完了報告

性能向上計画認定を受けた建築物の工事が完了した場合は、速やかに工事完了報告書(様式第2号)を提出してください。

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 建築審査課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。