狭山市工場立地法敷地外緑地設置要綱を定めました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2014年4月1日

狭山市工場立地法敷地外緑地設置要綱を2014年1月1日から施行します。

工場立地法における特定工場が、必要な緑地を確保できない場合において、一定の要件を満たし、周辺の地域における生活環境の保持に寄与することが認められる場合、敷地外(市内)に不足分の緑地を設置することで、緑地に係る準則が満たされていると認めることができます。

対象となる特定工場

次に掲げるいずれにも該当する特定工場
(1)現に設置されている特定工場又は現に設置されている工場若しくは事業場で増改築等により新たに特定工場となるもの
(2)生産施設の面積を増加させることにより、条例に規定する敷地内の緑地及び環境施設のそれぞれの面積の敷地面積に対する割合の基準に適合しなくなる特定工場のうち、当該特定工場の敷地内の地表に緑地の敷地面積に対する割合が100分の10以上となる緑地の面積が確保されるもの
(3)敷地内に未利用の土地がない特定工場

敷地外緑地の基準

対象工場の敷地外に設置する緑地(以下「敷地外緑地」という。)は、次に掲げる基準に適合しなければなりません。
(1)敷地外緑地を設置することについて、当該敷地外緑地の敷地に適用される法令に違反していないこと。
(2)対象工場の敷地内の緑地の面積に敷地外緑地の面積を加えたものを対象工場の敷地面積と敷地外緑地の面積を加えたもので除して得た割合が、条例に規定する緑地面積率の基準を満たしていることにより、当該対象工場について、条例に規定する環境施設面積率の基準を満たしていること。
(3)敷地外緑地の敷地は、その境界が明確であること。
(4)敷地外緑地は、当該敷地外緑地の敷地の地表に設置するものとし、適正に維持管理がなされいること。
(5)借地に敷地外緑地を設置する場合は、借地に係る契約の期間が10年以上であること。

協議と届出

敷地外緑地の設置又は変更をしようとする場合、あらかじめ市長と協議を行い、敷地外緑地の設置又は変更をしようとする日の30日前までに、敷地外緑地設置(変更)届出書を市長に提出するものとする。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 産業振興課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。